GPS機器導入費助成(徘徊者捜索機器利用促進補助金)

ページ番号1021959  更新日 2022年9月29日 印刷

行方不明になる可能性のある高齢者を対象に、行方不明となった際に速やかに発見できるGPS機器の導入費を全額補助します。

対象者(機器を持つ人)

市内在住の行方不明になる可能性のある高齢者、65歳未満で要介護・要支援認定を受けている人。

申請者(家族)

市内在住でGPS機器を対象者の早期発見のために適切に使用・管理できる人。

補助金額

  • 市指定のGPS機器の導入費用(本体、充電器、専用ケアシューズ等)、契約手数料
    (備考)上限最大22,000円
    (備考)上記以外(月額使用料等)は利用者負担です。補助は対象者1人につき1回まで。

手続きの流れ 

(1)高齢福祉課又は地域包括支援センターで相談
(2)業者と契約し、機器の利用を開始
(3)市から送付されてくる補助金申請書類を作成して市に提出し、補助金交付を受ける

協力事業者の募集について

GPS機器の利用を検討している市民に案内させていただけるGPS機器取扱事業者を募集します。御協力いただける事業者の方は、高齢福祉課まで業者登録依頼書を御提出ください。

要件

(1)行方不明者の捜索を主の目的とする徘徊者捜索機器(GPS)を内蔵し、インターネットで位置情報の検索ができる機器の取扱いがあること
(2)補助金申請に必要な書類を発行できること(契約書、領収書、支払明細が分かる書類)

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

福祉部 高齢福祉課
業務内容:高齢者福祉の企画・調整、認知症、老人福祉施設等に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6984 ファクス番号:0565-34-6793
お問合せは専用フォームをご利用ください。