誤ったごみの分別により火災が発生しています

ページ番号1039049  更新日 2020年7月21日 印刷

モバイルバッテリーなどリチウムイオン電池を使用した製品やカセットボンベについて、誤った分別で出されたことが原因でごみ収集車や処理施設内で火災が発生しています。

特に、リチウムイオン電池は、破損・変形により、発熱・発火する危険性が高く、プラスチック製容器包装や燃やすごみの中に混入していたリチウムイオン電池が入った電子タバコ等が原因で、今年6件もの火災が発生しています。このような火災を防ぐために、リチウムイオン電池本体を取り出せる時は「有害ごみ」として、電池が取り外せない電子機器は「金属ごみ」として、カセットボンベは中身を出して「危険ごみ」として、正しく分別してお出しください。

火災の様子
令和2年5月13日 モバイルバッテリーが原因による火災
(本来、「有害ごみ」に分別すべきモバイルバッテリーが「金属ごみ」で出されていたため、パッカー車内で火災になった。)
発火したモバイルバッテリー(本体)
そのとき発火したモバイルバッテリー(本体)
火災が起きたごみ収集車
令和元年12月30日 スプレー缶が原因とみられる車両火災
スプレー缶が原因とみられるごみ収集車の火災
平成28年12月7日 スプレー缶が原因とみられる車両火災
(本来、「危険ごみ」に分別すべきスプレー缶が「金属ごみ」で出されていたため、パッカー車内で火災になった。)

これらの火災は全て間違った分別が原因によるものです。ごみ処理の過程で発火することで、ごみの収集や施設の運営に影響が生じるだけでなく、けがや人命に関わる重大な事故へと発展するおそれがあります。電子タバコやモバイルバッテリー、スプレー缶などは、捨てる前に分別の再確認をお願い致します。

ごみの分別について不明の場合は、スマートフォン用無料アプリ「さんあ~る」をご活用ください。

ios端末用のスマートフォン用無料アプリ「さんあ~る」QRコード
ios端末をご利用の方
Android端末用のスマートフォン用無料アプリ「さんあ~る」QRコード
Android端末をご利用の方

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 ごみ減量推進課
業務内容:一般廃棄物の処理計画・処理施設整備、ごみの減量及び資源化に関すること
〒470-1202 
愛知県豊田市渡刈町大明神39-3(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-71-3001 ファクス番号:0565-71-3000
お問合せは専用フォームをご利用ください。