社会資本総合整備計画

ページ番号1027935  更新日 2019年8月7日 印刷

豊田市内で行われている社会資本整備総合交付金事業(マンホールトイレ及び防災倉庫の整備・県営水道応急給水支援設備の整備)を紹介しています。

計画の概要

計画の目標

多くの避難者を収容する避難場所や防災用拠点施設における防災機能、自立機能の強化などを進め、本市の都市防災の基盤の一体的な整備を目指します。

事業期間

平成30年度~平成32年度(3年間)

対象事業

基幹事業

  • マンホールトイレ及び防災備蓄庫の整備…14か所
  • 県営水道応急給水支援設備の整備…3か所

効果促進事業

  • 仮設トイレ及びテントの購入整備…14か所
  • 応急給水器具の購入整備(給水スタンド、接続ホース、格納庫)…3か所

事前評価

  • 地方公共団体は、整備計画を作成した場合は、あらかじめ、目標の妥当性、整備計画の効果及び効率性、整備計画の実現可能性について、自主的・主体的に検証を行うこととされています。

事後評価

  • 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施した後、社会資本総合整備計画の目標の実現状況等について評価を行い、これを公表することとされています。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 防災対策課
業務内容:地域防災計画、防災思想の普及、災害対策本部などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6750 ファクス番号:0565-34-6048
お問合せは専用フォームをご利用ください。