固定資産税・都市計画税  よくある質問

ページ番号1007204  更新日 2019年8月29日 印刷

質問小規模住宅用地、宅地(住宅用地)、宅地とは何ですか

回答

宅地の中で、住宅が建っている土地を宅地(住宅用地)、それ以外(工場、事務所、倉庫、店舗)が建っている土地を宅地といいます。
住宅用地のうち、200平方メートル分までを小規模住宅用地、それ以外の部分を一般住宅用地といいます。区別する理由は軽減特例の割合が異なるためで、固定資産税で、小規模6分の1 、一般3分の1、都市計画税で、小規模3分の1 、一般3分の2に軽減がされます(住宅用地の特例措置)。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

市民部 資産税課
業務内容:土地・家屋・償却資産などの固定資産税・都市計画税の賦課・調査などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
土地に関すること 電話番号:0565-34-6987
家屋に関すること 電話番号:0565-34-6983
償却に関すること 電話番号:0565-34-6613
その他 電話番号:0565-34-6618 ファクス番号:0565-31-8969
お問合せは専用フォームをご利用ください。