利用日数に係る特例の適用を受ける日中活動サービス等に係る届出について

ページ番号1004119  更新日 2015年6月12日 印刷

利用日数に係る特例の適用を受ける場合は、あらかじめ豊田市長への届出が必要であることの説明です。

生活介護、自立訓練(宿泊型を除く)、就労移行支援、就労継続支援(A型・B型)を行う事業所であって、各月の日数から8日を控除した日数を超える支援を必要とする場合は、あらかじめ豊田市長に届け出る必要があります。

(1)関係通知

(2)届出様式

(3)利用者の利用日数の調整・管理

日中活動サービス等の事業者等においては、利用者との調整を図った上で、利用者の利用日数の割振計画を作成し、利用日数に関して適切に管理すること。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

福祉部 障がい福祉課
業務内容:障がい者福祉の企画・調整、福祉団体の育成・指導、障がい福祉施設などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6751 ファクス番号:0565-33-2940
お問合せは専用フォームをご利用ください。