道路施設管理計画及び、点検・修繕年次計画について

ページ番号1017145  更新日 2020年2月28日 印刷

橋りょう等について、持続可能で適正な維持管理を目指し、2014年度から道路法一部改正による5年に1回の近接目視点検を実施しています。

健全性の診断

橋りょう等の点検結果より、健全性の診断を行います。健全性の診断は、道路法一部改正時に規定された4段階にて分類します。

区分 状態
I(健全) 構造物の機能に支障が生じていない状態
II(予防保全段階) 構造物の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態
III(早期措置段階) 構造物の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態
IV(緊急措置段階) 構造物の機能に支障が生じている、又は生じる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態

点検結果及び点検・修繕年次計画

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

建設部 道路予防保全課
業務内容:道路及び橋りょうの老朽化対策に関すること、橋りょうの耐震対策に関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6683 ファクス番号:0565-31-3540
お問合せは専用フォームをご利用ください。