住宅省エネ改修補助制度

ページ番号1058157  更新日 2024年6月11日 印刷

住宅省エネ改修補助金についての案内です。申請の際は掲載されているリーフレットを確認してください。

注意:

  • 現在の申請状況により、受付期間終了前に申請受付を終了する見込みです。申請は先着順に受け付けますが、不備がある書類は受け付けられませんので、申請予定の方は、必ずリーフレットや申請ガイドをご確認いただき書類に不備のないようの準備してください。
  • 事業の着手(契約)前に、交付申請をして、交付決定を受けた場合が補助対象となります。契約済みの場合は、補助対象外となります。リーフレット等を必ずご確認ください。
  • 郵送での提出を希望する場合は、事前に環境政策課補助金窓口までお問合せください。なお、各種書類提出期限は必着となります。リーフレットをご確認いただき、余裕をもってご準備いただくようお願いいたします。期限後に届いた書類は受付できませんので、ご注意ください。
    なお、郵送での申請書については、環境政策課に届いた日の午後5時の受付とします。
    また、同時に複数の申請書が届いた場合については、予算の範囲内で案分した補助額での交付決定とします。

    環境政策課補助金窓口 電話番号:0565-41-7391
    受付時間:午前9時から午後4時45分まで

住宅省エネ改修補助金とは

2050年カーボンニュートラルの実現に向け、住宅の省エネ化を推進するために、ZEH基準を満たさない既存住宅をZEH水準に改修した場合に、省エネ設計費及び省エネ改修費の一部を補助するものです。

受付期間

令和6年4月15日(月曜日)~令和7年2月28日(金曜日)
(備考)申請額が予算額に達した時点で、受付を終了します。

申請ガイド

補助対象者

  • 市内に住宅(戸建て・共同住宅・マンション)を所有する個人又は法人、共同住宅の管理組合
    (備考)個人の場合は、住宅に自ら居住していること。
  • 豊田市税の滞納がない人
  • 暴力団員ではない人、暴力団又は暴力団と密接な関係を有しない人

補助対象事業

この補助金は、既存住宅全体をZEH水準に改修する「全体改修」と、既存住宅の一部をZEH水準に改修する「部分改修」があります。

1 全体改修
改修後の住宅全体がZEH水準に相当するもの

  • 改修後の住宅全体がZEH水準に相当することについて、BELS等の第三者の評価・認証を受けているもの(取得予定を含む)

2 部分改修
複数の開口部を含む工事(改修部分がZEH水準の仕様基準に適合していること)

  • 2か所以上の開口部(窓又はドア)の改修を含むもの。
  • 断熱材や設備機器(高断熱浴槽、高効率給湯器、節湯水栓、燃料電池システム等)も対象 

(備考)全体改修、部分改修のいずれの場合も耐震性の安全が確保される必要があります。 

1「全体改修」又は2「部分改修」の補助対象となる事業

(1)開口部の断熱化に係る改修工事
窓(ガラス交換、内窓設置、外窓交換)、ドア
(2)躯体等の断熱化に係る改修工事
外壁、屋根、天井、床
(3)設備の効率化に係る工事((1)、(2)と併せて実施)

  • 太陽熱利用システム
  • 高断熱浴槽
  • 高効率給湯器(エコキュート、エコジョーズ、エコフィール、ハイブリッド給湯器)
  • 節湯水栓
  • 燃料電池システム(エネファーム)
  • コージェネレーション設備
  • 蓄電池
  • LED照明

(4)その他

  • 省エネ設計
  • 構造補強工事

(備考)詳しくは要綱(別表1-1)をご確認ください。

補助対象経費

  • 省エネ設計に要する経費
    ・省エネ改修のために必要な調査、設計、計画に係る費用
    ・改修設計内容についてBELS等の評価・認証を受けるために必要な費用
  • 省エネ改修に要する経費
    ・開口部や躯体等の断熱化(注釈1)に係る工事費用
    ・設備の効率化に係る工事費用
    ・全体改修と併せて行う構造補強工事費用

(注釈1)設備の効率化に係る工事に要する経費として計上できる額は、開口部(窓・ドア)、躯体等の断熱化に係る工事に要する経費の額を、上限とします。
(備考)他に国、愛知県、本市から補助金を受けた又は受ける予定がある場合は、本補助制度が対象とする部分に係る経費は補助対象経費から除いてください。
(例)子育てエコホーム支援事業、先進的窓リノベ支援事業、こどもエコすまい支援事業、豊田市エコファミリー支援補助金 等

補助金額

補助対象経費の5分の4又はモデル工事費の5分の4のいずれか少ない方で、最大70万円
(備考)改修内容に応じて補助額を決定します。

申請の流れ

手続きの流れ

申請方法

窓口へ持参又は郵送

窓口へ持参・郵送

申請書類を各自でダウンロードし、必要事項・書類を記入・添付して、環境政策課補助金受付窓口へ持参するか、下記宛先へ郵送。

郵送時の宛先
〒471-8501
豊田市西町3丁目60番地
豊田市役所環境政策課
「補助金窓口」係

(備考)郵送の場合は事前にご連絡ください。

申請書

申請受付状況(令和6年5月27日時点)

予算額 申請件数 予算残額
35,000千円 - -

最新の申請受付状況につきましては、環境政策課に直接お問い合わせください。
(備考)申請額が予算額に達した時点で、受付を終了します。

注意事項

  • 省エネ設計・改修工事の契約は必ず交付決定通知後に行ってください。(契約済みの工事は、補助対象外です。)
  • 補助金は予算の上限に達し次第、予定より早期に終了する場合があります。
  • 仮に虚偽の申請があった場合は、補助金を全額返還していただきます。
  • 他に国、愛知県、本市から補助金(注釈)を受けた又は受ける予定がある場合は、本補助制度が対象とする部分に係る経費は補助対象経費から除いてください。

(注釈)住宅省エネキャンペーン2024、既存住宅における断熱リフォーム支援事業、豊田市エコファミリー支援補助金等

よくある質問

キャンペーンリーフレット

要綱

(参考)他補助金との併用について

豊田市住宅省エネ改修補助金と主な他の補助制度との併用について

区分

補助制度

併用可否

住宅省エネキャンペーン2024

子育てエコホーム

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

先進的窓リノベ2024事業(断熱窓への改修促進等による住宅の省エネ・省CO2加速化支援事業)

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

給湯省エネ2024事業

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

賃貸集合給湯省エネ2024事業

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

国の他の補助制度

既存住宅における断熱リフォーム支援事業

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

豊田市エコファミリー支援補助金

スマハ・スマートゼロハウス(ZEH)

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

蓄電池・V2H

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

燃料電池

△補助対象経費が重複しない場合は併用可

その他の補助制度については、随時追加します。
各種補助制度の内容については、実施団体に御確認ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 環境政策課
業務内容:環境に関する政策立案、環境管理マネジメントシステム、環境学習・啓発、自然保護、次世代自動車・太陽光発電補助などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6650 ファクス番号:0565-34-6759
お問合せは専用フォームをご利用ください。