藤嶋塾

ページ番号1045362  更新日 2021年11月26日 印刷

豊田市では、抗菌・抗ウィルス・脱臭などの様々な効果を生み出す光触媒反応を発見した東京理科大学の栄誉教授で、豊田市名誉市民でもある藤嶋昭(ふじしま あきら/豊田市立佐切小学校出身)氏を講師に迎え、同氏の経験や発想を学ぶことで、ものづくり等の人材の育成を目指す「藤嶋塾」を、平成30年度から開催しています。

令和3年度

第3回藤嶋塾開催概要

令和3年11月16日(火曜日)に、寺部小学校にて、4年生の児童105人を対象に、第3回藤嶋塾が開催されました。
太陽エネルギーから人工的な光合成反応について研究し、光触媒の技術を使った曇らない鏡を生み出したお話や、世界の著名な科学者の伝記など本の大切さについて講演されました。
子どもたちは、講演後「曇らないメガネはできないの?」「色の三原色と光の三原色の違いは?」などの質問を行い、藤嶋先生が一つ一つ丁寧に答えていました。また、「どうしてもピラミッドのことが聞きたい!」と直接藤嶋先生を訪ねる子どもの姿もあるなど、良い学びの刺激になりました。

第3回藤嶋塾 壇上の様子

藤嶋昭氏

第2回藤嶋塾開催概要

令和3年10月19日(火曜日)に、佐切小学校にて、全校児童31人を対象に、第2回藤嶋塾が開催されました。
「理科を楽しく 身のまわりのことを知り、有名な科学者のことなども楽しく勉強しよう」と題し、数々の発見や研究を行った科学者の紹介や光触媒がどのように活用されているのか講演をいただきました。また、水の入ったコップに紙のフタをして逆さにしても表面張力と大気圧により水がこぼれないことや、光触媒によりガラスが蒸気でも曇らないことを体験する科学実験を通して、子どもたちは科学の楽しさや面白さを学ぶことができました。

第2回藤嶋塾 講演中

第2回藤嶋塾 科学実験

第1回藤嶋塾開催概要

令和3年8月7日(土曜日)に、ものづくり創造拠点SENTANにて、応募のあった市内中学生10人を対象に、令和3年度第1回藤嶋塾が開催されました。
「偉大な科学者のことを学び、身のまわりのおもしろさを体験しよう」と題し、歴史に残る功績をあげた科学者の発見事例や光触媒の基本を講演いただき、光の色の分解や光触媒の効果を体感する科学実験を行いました。参加者からは「光触媒の力はすごいと思った。理科が好きなので、先生のようにもっと調べたい」という声をいただきました。

藤嶋昭氏

児童と藤嶋氏

今後の予定

開催日

時間

場所

対象者

想定人数

第4回

1月12日(水曜日)

午前10時50分~11時35分

矢並小学校

全校児童、保護者

80人

第5回

2月4日(金曜日)

午前10時50分~11時35分

御作小学校

全校児童、保護者

80人

これまでの実績 

足助交流館での講演の様子
令和元年7月 足助交流館開催の様子
講演する藤嶋氏
令和3年2月 佐切小学校開催の様子

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 経営戦略課
業務内容:市の都市経営に係る方針及び戦略の総合調整などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-3360 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。