重要文化財 旧鈴木家住宅 保存修理事業

ページ番号1028563  更新日 2021年9月13日 印刷

旧鈴木家住宅の外観

旧鈴木家住宅の内観


旧鈴木家住宅は、足助の歴史的な町並み(豊田市足助伝統的建造物群保存地区)のほぼ中央に位置し、地区内で屈指の規模を誇る町屋です。屋号は紙屋といい、元々は紙を扱っていましたが、味噌や漆などの取引や、新田経営にもかかわっていました。約4,000平方メートルの土地に江戸時代後期から明治期の建物が16棟建ち、平成25年(2013)に重要文化財に指定されています。
建築以来大きな修理が行われておらず、建物の腐朽が進んでいたため、平成26年(2014)から修理工事に取り掛かっています。通常は非公開ですが、年に数回、修理現場を公開する日を設けています。

所在地

豊田市足助町本町20番地

電話番号

0565-62-0609(文化財課足助分室)

交通アクセス

名鉄バス「香嵐渓一の谷口」下車 徒歩5分

とよたおいでんバス「一の谷口」下車 徒歩5分
駐車場

周辺駐車場をご利用ください。(有料)
修理工事の様子
豊田市公式YouTubeチャンネルで、これまでの修理工事の様子をご覧いただけます。
修理現場公開

修理現場公開は現在計画中です。公開日が決まりましたら、お伝えします。

修理現場公開の様子01

修理現場公開の様子02

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 文化財課 足助分室
業務内容:豊田市足助伝統的建造物群保存地区や旧鈴木家住宅に関すること
〒444-2424
愛知県豊田市足助町宮ノ後26-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-62-0609 ファクス番号:0565-62-0606