豊田市森林保全ガイドライン

ページ番号1035013  更新日 2021年1月29日 印刷

森林施業にかかる皆伐、路網作設、開発行為における皆伐や土地の形質変更の一部に係るルールや留意事項をまとめたもの。

豊田市森林保全ガイドラインを策定しました

豊田市では、2018年3月に「新・豊田市100年の森づくり構想」(以下「新・森づくり構想」)及び「第3次豊田市森づくり基本計画」を策定しました。
新・森づくり構想策定の背景の一つに、想定を超える豪雨災害が全国的に頻発し、豊田市としてこれらに備える必要性が高まってきたことがあります。時を同じくして、2018年に市内で中核製材工場が稼働を始め、今後は皆伐や利用間伐の拡大が予想されます。また、太陽光パネルの設置や砂利採取などの開発事業も進んでいます。森林保全を原点としている市として、今こそ森林保全ルールを創設し、森林保全の範囲内での木材利用や森林開発の仕組みを作っていく必要があります。
皆伐や路網作設は森林環境を大きく変え、森林土壌へダメージを与える行為です。これらの作業を一度実施すると、土壌の回復には数百年~数千年の歳月がかかるため、計画に当たっては周辺環境に悪影響を及ぼさないように慎重な検討が必要になります。
そこで市は、森林所有者や林業事業体など地域との連携・協力を図りながら、森林施業にかかる皆伐、路網作設、開発行為における皆伐や土地の形質変更の一部に係るルールや留意事項をまとめた「豊田市森林保全ガイドライン」(以下「ガイドライン」)を作成することになりました。ガイドラインは、森林施業にかかる皆伐、開発行為における皆伐や土地の形質変更などが対象となります。

概要版ダウンロード

本編ダウンロード

別冊

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 森林課
業務内容:林業の振興、後継者・関係団体の指導育成、林道及び森林の保全などに関すること
〒444-2424 
愛知県豊田市足助町宮ノ後19-5(足助支所地内)(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
森づくり・地域材担当、林務・人材育成担当 電話番号0565-62-0602
林道担当 電話番号0565-62-0607
ファクス番号:0565-62-0612
お問合せは専用フォームをご利用ください。