昭和47年7月豪雨災害40周年記念誌

ページ番号1002454  更新日 2015年6月12日 印刷

昭和47年7月豪雨災害40周年記念誌についての案内です。

昭和47年7月豪雨災害40周年記念誌

昭和47年7月豪雨災害から40周年を迎えるにあたり、昭和47年7月豪雨災害40周年記念誌「これからも伝え継ぐために」を発刊しました。

昭和47年7月豪雨災害とは

昭和47年7月12日夜半から13日の未明にかけての豪雨により、西三河地方を中心に大きな被害をもたらし、特に旧小原村の被害は甚大で、32名の村民の命を奪うとともに、財産に壊滅的な被害を与えた激甚災害です。

犠牲者及び被害状況

犠牲者

死者31名、行方不明者1名、重傷者32名

家屋の被害

住家

  • 全壊 棟:127 人:437
  • 半壊 棟:145 人:606
  • 一部損壊 棟:159 人:421
  • 床上浸水 棟:169 人:674
  • 床下浸水 棟:419 人:1809

非住家

  • 全壊 棟:215
  • 半壊 人:73

被害総額

土木関係 5,922,877千円
農林関係 2,696,544千円
農地関係 1,266,000千円
その他 305,438千円
合計 10,190,869千円

(備考)旧小原村の資料より

資料提供のお願い

災害から40年を経過し、時の流れの中で記憶が薄れ、豪雨災害を知らない人も多くなってきており、この教訓を忘れることなく後世に伝えていくことが重要です。
小原支所では、豪雨災害に係る資料の収集と保存を行っています。当時の写真や映像等の資料がありましたら御協力をお願いします。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 小原支所
業務内容:地域振興担当:地域会議、地域バス、自治区、観光、小原歌舞伎に関する業務 等
市民生活担当:住民票・戸籍税関係証明等の発行、国民健康保険、福祉医療等の各種手続き、粗大ごみし尿に関する業務 等
〒470-0592 
愛知県豊田市小原町上平441-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-65-2001 ファクス番号:0565-65-3695
お問合せは専用フォームをご利用ください。