豊田市脱炭素スクール

ページ番号1044961  更新日 2024年5月21日 印刷

豊田市では、企業向けに脱炭素経営のポイントや省エネ推進・再エネ導入の実践手法を学び合う場「豊田市脱炭素スクール」を2021年に開校しました。

脱炭素経営のメソッドが詰まったスクールを契機に、企業の自主的な脱炭素化への取組が進みつつあります。

参加者の全体写真

脱炭素スクールの概要

(1)目的

2050年「ゼロカーボンシティ」の実現に向けて、企業の事業者を中心に、経済と環境の好循環を目指す脱炭素経営の実践を推進するため、事業者の自主的な脱炭素化に向けた取組の実現を支援し、豊田市における産業部門又は業務部門におけるCO2削減につなげることを目的とします。

(2)対象

対象企業

豊田市内の企業(業種は問いません)

(備考)市内に事務所等があれば、市外本社企業でも参加可能ですが、脱炭素化に向けた取組を豊田市内でPRしてください。

〔想定する参加企業〕

  • サプライチェーンを通して脱炭素化に向けた取組が必要に迫られている企業等
  • 脱炭素経営に興味があり、脱炭素化に向けた目標や取組を発信したい企業等
  • 企業等の脱炭素経営に関心がある、融資等を検討している金融機関

参加者

企業等の経営層、総務企画部門や環境部門等の責任者など

(3)講座形式

全体で8回の連続講座を約9か月間で受講していただきます。
講座は、脱炭素経営やCO2削減対策の基礎知識やポイントなどを学ぶ「講義」と、自社のCO2削減効果のシミュレーションや事業計画の組み立てを学ぶ「演習」の組合せ。
グループワークも実施しますので、他社交流の中で自社の脱炭素化事業計画を企画できます。
(備考)スクール期間中は事務局スタッフが丁寧に伴走支援を行います。

(4)修了条件

(1)全ての講座を受講
(2)本講座成果のとりまとめ・発表 
(3)企業としての本講座成果の発信

  • スクール最終で開催する参加者、同所属企業及びスクール関係者へ向けた発表会での発表
  • 自社のホームページなど広報媒体への掲載

これらの修了要件を全て満たした方に「脱炭素スクール」修了認定を授与します。
また、本スクール受講後は自社の脱炭素化に向けた事業計画や取組などを発信してください。

(5)スクールに参加するメリット

  • SDGsへの貢献による企業価値の向上
  • 社員のモチベーション向上と人材獲得力の強化
  • 行政からの補助金や支援の情報が得られやすくなる
  • 光熱費見直しによる経費の削減
  • IT・DX 化の推進による業務の効率化
  • 大企業との連携促進によるビジネスチャンスの獲得
  • 新たなビジネスモデル創出の可能性

豊田市脱炭素スクール実績

豊田市脱炭素スクールは、現在までに第1期(令和3年10月~令和4年9月)及び第2期(令和4年10月~令和5年9月の課程を終了し、スクール修了生23社を輩出しました。
これらのスクール修了生が市内の事業者の脱炭素化を牽引しています。

(1)豊田市脱炭素スクール冊子

豊田市脱炭素スクールの概要、実績が分かる「豊田市脱炭素スクール冊子」を作成しました。
実際のスクールの講義の様子やスクールの成果等が分かるものになっています。参加を検討している方やスクール参加企業の取組を参考にしたい方、是非ご確認ください。

(2)修了企業

第1期生

  • 新明工業株式会社(製造業)
  • 株式会社アイサク(製造業)
  • エヌ電子工業株式会社(製造業)
  • 株式会社豊栄商会(製造業)
  • 太啓建設株式会社(建設業)
  • 株式会社ニフコ(製造業)
  • 豊田汽缶株式会社(その他サービス業)
  • 株式会社市川鉄工所(製造業)
  • 株式会社アイミクロン(製造業)
  • 有限会社梅村工務店(建設業)
  • 株式会社キョウエイファイン(運輸業)
  • おいでんエネルギー株式会社(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • サンワインダストリー株式会社(運輸業)
  • 豊田電気株式会社(製造業)
  • 株式会社ユーネットランス(運輸業)
  • 株式会社日東コンクリート工業(製造業)

第2期生

  • 株式会社市川メッキ(製造業)
  • 株式会社マルコオ・ポーロ化工(建設業)
  • 株式会社豊田ガーデン(造園工事業)
  • 株式会社松原電機(電気工事業)
  • 豊田鋸加工所(サービス業)
  • 三河商事株式会社(小売業)
  • アール・ティ・エンジニアリング株式会社(製造業)  

豊田市脱炭素スクール参加企業の募集

第3期豊田市脱炭素スクール(令和5年11月~令和6年7月)の参加応募を受け付けています。
詳しくは、以下のページをご確認ください。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 環境政策課
業務内容:環境に関する政策立案、環境管理マネジメントシステム、環境学習・啓発、自然保護、次世代自動車・太陽光発電補助などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6650 ファクス番号:0565-34-6759
お問合せは専用フォームをご利用ください。