豊田市脱炭素スクール(中小企業向け)

ページ番号1044961  更新日 2021年8月5日 印刷

豊田市は、「ゼロカーボンシティ」の実現を目指し、気候変動対策の取組を加速しています。

この度、企業等において自主的に脱炭素化への取組を進めていくため、脱炭素経営のポイントや省エネ推進・再エネ導入の実践手法を学び合う場「豊田市脱炭素スクール」を開講し、自社の脱炭素経営に率先して取り組む企業等を応援します。

開校講演会の開催

第1期第1回を開校講演会として開催します。どなたもお気軽にご参加ください。

(1)日時

令和3年(2021年)10月22日(金曜日) 午後3時から5時まで

(2)対象

どなたでも。(備考)中小企業に限りません。

(3)場所【定員】

豊田商工会議所(豊田市小坂本町1丁目25番地)2階多目的ホール【定員50名】
及び
オンライン開催【上限なし】

(4)講師

松尾 雄介(まつお ゆうすけ) 氏
公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
ビジネスタスクフォース ディレクター
(Japan-CLP事務局 エグゼクティブディレクター)

(5)内容

気候危機の現状から、ビジネスにおける気候変動のリスクと機会の視点、脱炭素経営による企業価値の向上について講義。また、サプライチェーンを通した中小企業への影響や、企業側の具体的な動きの事例などの紹介。

(6)開校講演会申込

本ページ下部にある「第1期申込」方法と同じ。

(7)その他

  • 本講演会は、第1期第1回として開催します。
  • 講演後に、第1期脱炭素スクールについての質疑応答の時間を設けます。
  • オンライン開催は、Zoom(R)による配信を想定しています。申込時のE-mailアドレスに会議ID及びパスワードを送付します。

脱炭素スクールの概要

(1)目的

2050年「ゼロカーボンシティ」の実現に向けて、中小企業の事業者を中心に、経済と環境の好循環を目指す脱炭素経営の実践を推進するため、事業者の自主的な脱炭素化に向けた取組の実現を支援し、豊田市における産業部門又は業務部門におけるCO2削減につなげることを目的とします。

(2)対象

対象企業

参加を想定する主な企業の対象は、市内に本社を置く中小企業とします。
(備考)市内に事業所を置く企業も参加可能ですが、脱炭素化に向けた取組を豊田市内でPRできる事業者に限ります

参加者

参加者は、市内の中小企業等の経営層、総務企画部門や環境部門等の責任者など。
(備考)業種問わず。製造業、運輸業、不動産業、農林業、サービス業など
(備考)想定する参加企業

  • サプライチェーンを通して脱炭素化に向けた取組が必要に迫られている企業等
  • 脱炭素経営に興味があり、脱炭素化に向けた目標や取組を発信したい企業等
  • 企業等の脱炭素経営に関心がある、融資等を検討している金融機関

(3)期間

1期1年。全体で10回の連続講座。

(4)形式

各回、脱炭素経営や削減対策の基礎知識やポイントなどを学ぶ「講義」と、自社のCO2削減効果のシミュレーションや事業計画の組立てを学ぶ「演習」の組合せ。
スクール生で相談しながら、自社の脱炭素化の事業計画を企画します。
(備考)開講中は、丁寧にフォロー致します。

(5)修了条件

  • 本スクール受講後、自社の脱炭素化に向けた事業計画や取組などを発信していただくことを受講の条件とします。
  • 以下の修了要件を全て満たした方に「脱炭素スクール」修了認定を授与します。

修了条件

  1. 全ての講座を受講
  2. 本講座成果のとりまとめ・発表
  3. 企業としての成果の発信
    • スクール最終で開催する参加者及び同所属企業へ向けた発表会での発表
    • 自社のホームページなど広報媒体への掲載 など

第1期(令和3年10月~)

(1)期間

令和3年(2021年)10月22日(金曜日)から令和4年(2022年)9月まで

(2)定員

20社程度

(3)日程・開催方法

  • 各回日時平日午後3時から(講義のみは2時間、演習を含む場合は2時間30分を予定)
    第1回:10月22日(金曜日)
    第2回:11月19日(金曜日)
    第3回:12月14日(火曜日)
    (備考)第4回以降は、参加者の予定を確認した上で日程を設定します
  • 開催方法豊田市内(現地開催)またはオンライン開催
    (備考)新型コロナウイルス感染症拡大の情勢をみながら判断します

(4)第1期申込

あいち電子申請・届出システムより10月15日(金曜日)までに登録してください。

(備考)第1回を受講した後に第2回以降を申し込む場合は、同月29日(金曜日)までにお申し込みください。

あいち電子申請・届出システムへのリンク

(主な必要事項)
1.参加回(第1回のみ・すべての回)
2.第1回の参加方法(現地・オンライン)
3.事業者名
4.業種
5.部署
6.参加者氏名(フリガナ)
7.連絡先(住所、電話番号、メールアドレス)

すべての回に参加される方は、1~7に加えて、

8.学びたい点
9.脱炭素化に向けた自社の課題
10.本スクールの参加への意気込み

(5)その他

  • 第1回は、開校講演会とします。(本ページ冒頭をご参照ください)
  • 開催中は、丁寧にサポート致します

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

環境部 環境政策課
業務内容:環境に関する政策立案、環境管理マネジメントシステム、環境学習・啓発、自然保護、次世代自動車・太陽光発電補助などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所環境センター1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6650 ファクス番号:0565-34-6759
お問合せは専用フォームをご利用ください。