平成30年度豊田市食品衛生監視指導計画の実施結果について(食品衛生)

ページ番号1007653  更新日 2019年6月25日 印刷

「平成30年度豊田市食品衛生監視指導計画」に基づき、食品営業施設等に対する立入検査及び食品等の検査を実施するとともに、食品衛生に関する知識の普及、市民及び食品等事業者との意見交換を実施するなどして、食中毒等の飲食に起因する衛生上の危害発生防止を図った。

1 営業許可及び監視指導

「食品衛生法」に基づき営業許可が必要な業種について審査・許可するとともに、食品関係施設に対し、食品の取扱い等について監視指導を行った。特に、ラグビーワールドカップ2019TMを控え、国内外から多くの来訪者が予想されることから、豊田市駅周辺の飲食店等(443件)に対して啓発及び指導、助言を行った。

許可を要する食品関係施設数及び監視状況(平成30年度末現在)

 

施設数

新規営業許可

更新営業許可

監視延件数

総数

7,697

690

967

2,968

飲食店営業

3,889

385

402

1,350

喫茶店営業

1,400

51

256

268

菓子製造業

611

100

65

229

あん類製造業

2

2

アイスクリーム類製造業

67

12

5

32

乳処理業

特別牛乳搾取処理業

乳製品製造業

4

1

6

集乳業

乳類販売業

746

45

106

317

食肉処理業

39

2

7

60

食肉販売業

423

45

51

244

食肉製品製造業

6

1

1

19

魚介類販売業

404

45

48

214

魚介類せり売営業

1

2

魚肉ねり製品製造業

1

3

食品の冷凍又は冷蔵業

10

6

34

食品の放射線照射業

清涼飲料水製造業

3

1

8

乳酸菌飲料製造業

氷雪製造業

6

4

氷雪販売業

2

食用油脂製造業

1

3

マーガリン又はショートニング製造業

みそ製造業

8

1

18

醤油製造業

4

1

12

ソース類製造業

3

2

11

酒類製造業

5

6

豆腐製造業

8

2

15

納豆製造業

めん類製造業

10

2

30

そうざい製造業

43

3

10

77

缶詰又は瓶詰食品製造業

1

1

4

添加物製造業

許可を要しない食品関係施設数及び監視状況(平成30年度末現在)

 

施設数

監視延件数

総数

4,789

417

給食施設【学校】

10

11

給食施設【病院・診療所】

11

4

給食施設【事業所】

6

給食施設【その他】

206

40

乳さく取業

食品製造業

785

17

野菜果物販売業

254

64

そうざい販売業

286

63

菓子(パンを含む)販売業

1,498

67

その他食品販売業

1,518

74

添加物製造業

添加物販売業

155

30

器具容器おもちゃ製造業・販売業

60

47

2 市場監視

豊田市公設地方卸売市場にて早朝監視を行い、有害魚、不良食品等の発見、食品の衛生的な取扱い及び保管等について指導し、安全な食品の流通を促した。

  • 市場監視の実施状況:2回

3 監視指導計画による監視状況

食品等事業者について過去の食中毒の発生頻度や違反事例などを考慮し、監視の重要度の高い順にA、B、C、Dランクに分類して標準監視指導回数(注釈1)を定め、重点的かつ効果的に実施した。

監視指導計画による監視状況(平成30年度)

 

施設数(注釈2)

計画件数

監視件数

実施率

総数

12,649

2,903件

3,385件

116.6%

Aランク(注釈1)

32

64件

94件

146.9%

Bランク(注釈1)

856

866件

1,155件

133.4%

Cランク(注釈1)

37

20件

89件

445.0%

Dランク(注釈1)

11,724

1,953件

2,047件

104.8%

(注釈1)

  • Aランク:年2回
  • Bランク:年1回
  • Cランク:2年ごと1回
  • Dランク:2年~6年ごと1回

(注釈2)計画作成時(平成30年4月1日)の施設数

Aランク施設監視状況(平成30年度)

Aランク施設

施設数(注釈3)

監視件数

総数

27

94件

法違反(過去2年以内)により行政処分を受けた施設

7

15件

学校給食調理施設

13

43件

1日の調理数が2,001食以上の施設【弁当調理施設及び仕出し屋】

2

8件

1日の調理数が2,001食以上の施設【ホテル及び旅館】

1日の調理数が2,001食以上の施設【集団給食施設(工場、社会福祉施設等)】

9

28件

(注釈3)計画作成時(平成30年4月1日)の施設数

4 食中毒

食中毒発生時に、直ちに疫学調査等を実施して原因究明にあたり、その措置と対策を講じて事故の拡大及び再発防止を図った。

食中毒発生状況(平成30年度)

発生年月日

原因施設

喫食者

有症者

死者

原因食品

病因物質

平成30年4月8日

飲食店

不明

4人

不明

サルモネラ属菌

平成30年4月23日

家庭

1人

1人

酢さば(推定)

アニサキス

平成30年4月29日

家庭

1人

1人

かつおの刺身(推定)

アニサキス

平成30年5月2日

家庭

1人

1人

しめさば(推定)

アニサキス

平成30年5月6日

販売店

不明

1人

酢さば

アニサキス

平成30年11月17日

給食施設

84人

40人

不明

ウエルシュ菌

平成31年2月3日

飲食店

80人

41人

不明

ノロウイルス

5 行政処分

病因物質の種類に応じて、行政処分を行った。

行政処分状況(平成30年度)

営業処分

許可の取消

営業の禁停止

施設の改善命令

物品廃棄回収命令

告発

総数

3

許可営業

3

非許可営業

6 収去検査

夏期及び年末一斉取締りを中心に食品、器具及び容器包装を計画的に収去し、食中毒をおこす細菌を中心とした微生物検査及び食品添加物の適正使用や残留農薬を確認するための理化学検査を実施し、規格基準や衛生状態の確認を行った。

食品等の収去検査状況(平成30年度)

 

収去検体数

違反検体数

違反食品
(大腸菌群)

違反食品
(細菌数)

違反食品
(添加物使用基準)

違反食品
(その他)

総数

268

1

1

魚介類

6

冷凍食品

12

魚介類加工品

6

1

1

肉卵類及びその加工品

28

牛乳・加工乳・その他の乳

4

乳製品・乳類加工品

14

アイスクリーム類・氷菓

4

穀類及びその加工品

13

野菜類・果物及びその加工品

41

菓子類

22

清涼飲料水

4

酒精飲料

氷雪

1

かん詰・びん詰食品

その他の食品

107

添加物及びその製剤

器具及び容器包装

6

おもちゃ

7 夏期食品一斉取締り(6月25日から8月31日)

夏期に多発する細菌性食中毒の防止を中心に監視指導を行い、不良食品等の排除に努めた。また、食中毒警報の発令により、食中毒予防対策について広く注意を呼びかけた。

食中毒警報発令日:7月11日、7月25日、8月6日、8月27日

夏期一斉監視件数(6月25日から8月31日)

 

監視件数

違反施設数

違反件数
(施設基準違反)

違反件数
(公衆衛生上講ずべき措置の基準違反)

違反件数
(製造基準違反)

違反件数
(表示基準違反)

違反件数
(その他)

違反件数
(処分件数)

違反件数
(処分以外の措置件数)

総数

687件

31

13件

24件

許可を要する営業施設

575件

31

13件

24件

許可を要しない営業施設

112件

夏期一斉収去件数(6月25日から8月31日)

 

収去検体数

違反検体数

違反食品
(大腸菌群)

違反食品
(細菌数)

違反食品
(添加物使用基準)

違反食品
(その他)

総数

81

魚介類

5

冷凍食品

6

魚介類加工品

2

肉卵類及びその加工品

4

牛乳・加工乳・その他の乳

2

乳製品・乳類加工品

7

アイスクリーム類・氷菓

4

穀類及びその加工品

野菜類・果物及びその加工品

20

菓子類

8

清涼飲料水

4

酒精飲料

氷雪

1

かん詰・びん詰食品

その他の食品

18

添加物及びその製剤

器具及び容器包装

おもちゃ

8 年末食品一斉取締り(11月26日から12月28日)

食品の流通量が増加する年末に食品の衛生的な取扱い、食品添加物の適正使用、適正表示の確認等を中心に監視指導を行った。

年末一斉監視件数(11月26日から12月28日)

 

監視件数

違反施設数

違反件数
(施設基準違反)

違反件数
(公衆衛生上講ずべき措置の基準違反)

違反件数
(製造基準違反)

違反件数
(表示基準違反)

違反件数
(その他)

処分件数

処分以外の措置件数

総数

476件

21

9件

48件

許可を要する営業施設

415件

21

9件

48件

許可を要しない営業施設

61件

年末一斉収去件数(11月26日から12月28日)

 

収去検体数

違反検体数

違反食品
(大腸菌群)

違反食品
(細菌数)

違反食品
(添加物使用基準)

違反食品
(その他)

総数

31

魚介類

1

冷凍食品

6

魚介類加工品

肉卵類及びその加工品

4

牛乳・加工乳・その他の乳

乳製品・乳類加工品

5

アイスクリーム類・氷菓

穀類及びその加工品

野菜類・果物及びその加工品

7

菓子類

清涼飲料水

酒精飲料

氷雪

かん詰・びん詰食品

その他の食品

8

添加物及びその製剤

器具及び容器包装

おもちゃ

9 輸入食品

市内を流通する輸入食品の安全性を確保するため、適正表示等について確認した。

10 食の安全・安心を語る懇談会

食の安全・安心に関し、市民、食品等事業者、学識経験者及び行政が相互にコミュニケーションを図るとともに、豊田市の取組みについて市民各界の意見を伺い、効果的な施策を推進するため、「食の安全・安心を語る懇談会」を8月1日に開催した。

11 食品に関するリスクコミュニケーション

食の安全・安心について、消費者、食品等事業者及び行政が意見を交換することにより知識の共有を図り、相互理解を深めるための「食品に関するリスクコミュニケーション」を開催した。

 

第1回

第2回

開催年月日

平成30年8月8日

平成31年1月31日

開催場所

キユーピー株式会社 挙母工場

豊田市こども発達センター

テーマ

現地見学型リスクコミュニケーション

おいしさと安全の秘密を探れ!夏休み食品工場見学ツアー

家庭における食中毒予防~できていますか?正しい手洗い~

内容

工場見学(キユーピー株式会社 拳母工場)

 

講演
(1)「HACCPについて」

(2)「食の安全・安心について」

実技 手洗いチェッカーを使用した手洗い教室

意見交換・質疑応答

講演
(1)「家庭における食中毒予防」

(2)「基本的な手洗い手順と手洗いのポイント」

実技 衛生的な手洗いについて

意見交換・質疑応答

対象者

県内在住の小学生及び保護者

豊田市こども発達センター利用者及び職員

参加者数

41人

36人

12 啓発及び講習会等

市民に対し、食中毒ゼロ運動キャンペーンや「出前講座」等を通して食中毒予防の啓発を行った。
また、食品業界全体の衛生水準向上活動に協力するため、食品事業者を対象とした「夏期食品衛生講習会」に食品衛生監視員を講師として派遣した。

啓発及び講習会等(平成30年度)

 

実施回数

受講者数

総数

34回

3,688人

食品衛生講習会・研修会

31回

3,635人

出前講座

3回

53人

13 豊田市食品自主衛生管理優秀施設認定制度

食品営業施設の自主的な衛生管理を推進するため、HACCPの基礎をなすリスク管理を主体とした衛生管理の手法を導入し、食品における自主管理が一定の水準にあると認められた施設について認定を行っている。

認定施設(平成30年度末現在)

  • 飲食店営業:1施設
  • 菓子製造業:2施設
  • ソース類製造業:1施設

14 豊田市HACCP導入認定制度

HACCPの概念に基づいた衛生管理を推進するため、大規模弁当調理施設等を対象としてHACCP導入研修事業(基礎研修、実地研修)を実施し、一定水準以上の管理が認められた施設について認定を行っている。

HACCP導入研修事業実施状況(平成30年度)

基礎研修(3日間)

実施回数:1回
受講人数:3人

実地研修(3日間)

実施回数:1回
受講施設数:1施設

施設認定状況(平成30度末現在)

  • 大規模弁当調理施設:3施設
  • 集団給食施設:2施設

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 保健衛生課
業務内容:食品衛生、動物愛護などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6181 ファクス番号:0565-31-6630
お問合せは専用フォームをご利用ください。