新規申請の手続

ページ番号1008239  更新日 2022年8月10日 印刷

1.申請に必要なもの

申請者は、受診者本人又は受診者の保護者(原則、受診者が加入する医療保険の被保険者)です。国民健康保険及び国民健康保険組合の場合は、保護者のうち世帯主又は生計中心者です。例外もありますので、詳しくはお問い合わせください。

(2)小児慢性特定疾病医療意見書

  • 意見書が記載できるのは指定医のみです。
  • 意見書は疾病ごとに様式が異なります。
  • 成長ホルモン治療を行う方は、「成長ホルモン治療用意見書」も必要です。

様式は「小児慢性特定疾病情報センター」のホームページからダウンロードすることができます。

 

(5)健康保険証(原本又は写し)

<社会保険に加入の方>

  • 受診者本人分
  • 被保険者分((備考)本人の保険証に被保険者名が記入されている場合は省略可)

<国民健康保険及び国民健康保険組合に加入の方>

  • 同じ国保又は国保組合に加入している方全員分

(6)マイナンバーカード

<社会保険に加入の方>

  • 受診者本人分と被保険者分

<国民健康保険及び国民健康保険組合に加入の方>

  • 同じ国保又は国保組合に加入している方全員分

(7)窓口に来られる方の写真付身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード等)

以下、該当者のみ必要なもの

  • 特定医療費受給者証又は小児慢性特定疾病医療受給者証
    (備考)同一医療保険上の世帯内で他に「特定医療費受給者」又は「小児慢性特定疾病医療受給者」がいる場合、受診者が別の疾患の「特定医療費受給者」の場合は、該当者の受給者証が必要です。
  • 住民票
    (備考)申請者が市外在住かつ豊田市以外の市町村の国民健康保険に加入されている場合、申請者世帯の住民票が必要です。

2.申請窓口

必要書類をそろえて保健支援課へ

3.結果について

申請から1~2か月で結果をご自宅へ郵送します。

4.小児慢性特定疾病医療費の払い戻しの手続きについて

医療費支給認定の申請後、受給者証の交付までの期間中に当該申請に係る治療を受け金額を負担された場合等、やむを得ない場合に、医療費について払い戻しの申請をすることができます。なお、高額療養費等他の給付を受ける方については、当該給付額を調整します。

(1)申請書類 

  • 小児慢性特定疾病医療受給者証
  • 通帳

(2)その他

  • 結果は、郵送でお知らせします。
  • 医療費は口座振替により払い戻しを行います。振込までに1~2か月程度かかりますが、給付額の調整が必要となった場合、遅れることがあります。

5.その他

(1)変更申請について

小児慢性特定疾病医療の有効期間内に、以下のような変更があった場合は、その旨を届け出てください。
なお、変更内容により小児慢性特定疾病医療受給者証などの添付書類が必要となりますので、あらかじめご相談ください。

  • 児童または支給認定保護者の氏名または住所が変わったとき
  • 加入している医療保険に変更があったとき
  • 受診する医療機関に変更があったとき
  • 階層区分に変更があったとき(例:所得判定年度の変更に伴い、課税世帯から非課税世帯になった場合など)
  • 治癒、転出、死亡等により受給者の資格がなくなったとき
  • 受給者証を破損したり紛失したとき

(2)更新申請について

医療費助成を継続するには毎年手続が必要です。申請時期及び必要書類、申請方法等については別途連絡します。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 保健支援課
業務内容:精神保健、難病、小児慢性特定疾病に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6855 ファクス番号:0565-34-6051
お問合せは専用フォームをご利用ください。