小規模特認校制

ページ番号1002721  更新日 2019年11月18日 印刷

豊田市内の小学校に在籍する児童であれば、現住所のままで一定の条件のもと小規模特認校に指定された小学校に入学・転入できる制度です。豊かな自然の中、小規模校の特色を生かした教育を受けることができます。

小規模特認校制とは

小規模特認校制は豊田市内の小学校に在籍する児童であれば、現在の住所のまま下記の条件のもと小規模特認校に指定された小学校に入学・転学できる制度です。

都市部の子どもたちに、豊かな自然に恵まれた環境で小規模校ならではの教育を受ける機会をつくりだすこと、小規模校にとって子どもを受け入れることで、学校に活気を増すことをねらいとしています。
豊かな自然と少人数によるふれあいいっぱいの小規模校に通学してみませんか。

入学・転学の条件

  • 小規模特認校の教育活動に賛同する保護者と児童を対象とします。
  • 転入学後の在籍期間が、1年以上の通年通学とします。
  • おおむね1時間以内で通学できる児童を対象とし、送迎の安全確保については、保護者の責任において行うものとします。
  • 他の小規模学校からの転入学は認めないこととします。
  • 事前に、対象学校の見学や体験をすることができます。
  • 特認校の指定が解消された場合も、希望すれば卒業まで通学することができます。

2020年度は、西広瀬小学校・中金小学校・上鷹見小学校・滝脇小学校・豊松小学校・冷田小学校・追分小学校・佐切小学校・則定小学校・萩野小学校・明和小学校・新盛小学校・大蔵小学校・御蔵小学校、本城小学校で実施します。

この小規模特認校への通学を希望する方や特認校制に興味のある方は、教育委員会・学校教育課(電話 0565-34-6662)までお問合せください。

特認校を見学されたい方は、学校教育課にご連絡いただき、別紙様式1の「学校見学希望受付用紙」を提出してください。
ファクス 0565-31-9145
Eメール gakkou_k@city.toyota.aichi.jp

  • 校長先生との面談
  • 学校見学
  • 体験入学

小規模特認校制への正式な募集は12月から始めます。下記のような手続きを通して、最終決定していきます。
(募集期間12月から1月 備考:新入生については、12月27日(金曜日)まで)

転入学の手続き

  • 特認校への転入学を希望する保護者は、教育委員会にその旨を伝え、学区外・区域外就学許可申請書に記入・提出します。
  • 転入学を希望する保護者は、小規模特認校の校長と面談し、教育内容や転入学に係る諸条件について説明を受けます。
  • 教育委員会は、小規模特認校への転入学について、校長の意見を参考に審査し、その結果を保護者に通知します。

2020年度用ポスター・リーフレット

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育部 学校教育課
業務内容:学齢児童・生徒の就学、通学路、教科書の配布、学校の組織編制・諸行事・教育指導・教職員などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎6階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6661・0565-34-6662 ファクス番号:0565-31-9145
お問合せは専用フォームをご利用ください。