• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > くらしの情報 > 住まい・生活 > 消費生活 > 「利用した覚えのない請求」が横行しています


ここから本文です。

「利用した覚えのない請求」が横行しています

ページ番号1003706  更新日 2015年6月27日 印刷

利用した覚えの無い架空の、アダルトサイト、出会い系サイトなどによる情報料、債権などを請求する文章が、メールなどによって送られてくる相談が多く寄せられている。被害にあわないよう、最新の情報やアドバイスを紹介する。

架空請求はがきの例

画像:架空請求はがきの例

利用した覚えのない架空の、有料アダルト番組、ツーショットダイヤルの情報料や債権などを請求する文書が、メール・はがき・封書などで送られてきたという相談が大量に寄せられています。請求文面には「入金がない場合には自宅、勤務先へ回収に出向く」や「給料の差し押さえ」、「強制執行」、「少額訴訟を行う」などの不安をあおる内容となっています。
このような請求は、何らかの名簿を入手した悪質業者が、根拠のない請求書を大量に送ったものと思われます。
送りつけられた人の中には過去に使った請求と勘違いしたり、関わりたくなくて振り込んでしまったり、家族が使ったと思い込んで支払ってしまう人もいるようです。こういった勘違いや関わりになりたくない気持ちに付け込む手口です。

このような利用した覚えのない請求に対しては、無視して払わないことです。
また、名前や住所、電話番号、勤務先などの個人情報は知られないようにしてください。

このような請求がきたら、一人で悩まず消費生活センターに相談してください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消費生活センター
〒471-0026
愛知県豊田市若宮町1-57-1 A館T-FACE7階(松坂屋上階)(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-33-0999 ファクス番号:0565-33-0998



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る