藤岡プラント 施設案内

ページ番号1005801  更新日 2020年7月31日 印刷

可燃性一般廃棄物の処理手数料

処理施設に搬入されたものの焼却処分(し尿及び産業廃棄物を除く。)

家庭系廃棄物

一般家庭の日常生活に伴って生じたごみ
手数料(10キログラムにつき) 60円

事業系廃棄物

事業活動に伴って生じたごみ
手数料(10キログラムにつき) 100円

施設の概要

敷地面積

約52,600平方メートル

工期

1992年6月から1994年10月

処理方式

全連続ストーカ炉

処理能力

1日あたり90トン

設計施工

株式会社タクマ

藤岡プラントの特徴

1.自動化

施設の運転管理は、運転の効率化と安全性の確保をするため、中央集中監視方式としています。機器の制御は、すべてコンピュータによる自動制御で施設全体の省力化、省エネルギー化を図っています。

2.公害防止

公害対策については、万全の公害防止設備を整えています。排ガス中のばいじんや有害ガス、ダスト、臭気、騒音、排水など、 最新鋭の設備で法規制値以下に基準を定め、二次公害を防止します。

焼却の仕組み

3号炉

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?