• くらしの情報
  • イベント情報
  • 施設情報
  • 事業者向け情報
  • 市政情報

現在位置:  トップページ > 市政情報 > 情報公開 > 情報公開・情報保護 > 情報公開制度 > 豊田市の情報公開


ここから本文です。

豊田市の情報公開

ページ番号1005117  更新日 2018年11月9日 印刷

豊田市では、市民の皆さんに市政に対する理解を深めていただくとともに、市民参加によるまちづくりを一層進めるために、市の情報を皆さんに公開する制度を実施しています。

透明な市政の実現と市民参加による市政の推進を目指して!

実施機関

市長
教育委員会
選挙管理委員会
監査委員
公平委員会
農業委員会
固定資産評価審査委員会
事業管理者
消防長
議会

開示請求権者(開示請求できる方)

個人、法人を問わず、どなたでも請求することができます。

開示請求できる公文書

開示請求を行うことができる文書は2種類あります。

行政文書

  • 実施機関の職員が職務上作成又は取得した文書、図画、写真及び電磁的記録などであって、組織的に用いるものとして実施機関が管理しているものです。

歴史公文書

  • 実施機関が廃棄の決定をした行政文書のうち歴史的価値のあるものを選別し、重要な歴史資料として管理しているものです。
    (備考)開示請求の対象となる歴史公文書は、歴史公文書目録に掲載された文書です。
    (備考)2005年4月の市町村合併により旧町村(旭町、稲武町、下山村、小原村、足助町、藤岡町)から引き継いだ文書を含みます。

請求の方法

「公文書開示請求書」に所定の事項を記入の上、公文書管理センター(市役所東庁舎7階)、旭支所、足助支所、稲武支所、小原支所、下山支所又は藤岡支所(以下「公文書管理センター等」という。)に直接提出してください。

なお、郵送又はファクスによる開示請求もできますが口頭、電話及びメールによる開示請求はできません。

画像:公文所管理センターの地図

開示・不開示の決定

開示請求を受け付けた日から15日以内に開示するかどうかを決定します。その後、速やかに文書でお知らせします。なお、15日以内に決定することができない場合は、延長する理由と延長する期間を文書でお知らせします。

開示の方法

「公文書開示決定通知書」が届きましたら、それを持って、お知らせした日時に指定の場所にお越しいただきます。開示の場所は、原則として「公文書管理センター等」です。

費用

1.公文書の閲覧

  • 無料

2.公文書の写しの交付

  • 紙は1枚(A3判以内)につき10円(カラーの場合は50円)
  • 録音テープとビデオテープは1巻につき300円(120分)
  • フロッピーディスクは1枚につき50円
  • 光ディスク(CD-R)は1枚につき100円

(注意) 両面印刷の場合は、片面を1枚として計算します。郵送の場合は、別途郵送料が必要です。

開示ができない情報

次のような情報が記録されている場合は、開示できません。

  1. 特定の個人が識別される情報
  2. 法人その他の団体又は事業を営む個人に不利益を与える情報
  3. 人の生命、財産などの保護、犯罪の予防など公共の安全と秩序の維持に支障が生じる情報
  4. 審議、検討等に関するもので意思決定の中立性が損なわれたり、混乱を生じさせたり、特定の者に利益又は不利益を及ぼすおそれがある情報
  5. 事務又は事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがある情報
  6. 法令等又は主務大臣等の指示により不開示とされる情報

なお、開示請求に対する決定の審査基準は以下の添付ファイルのとおりです。

自己情報の開示

自己に関する情報は、豊田市個人情報保護条例に基づいて開示が行われます。

不開示等の決定に不服があるとき

不開示や部分開示の決定に不服がある場合には、通知書を受け取った日の翌日から3月以内に、審査請求をすることができます。この場合、市は学識経験者などで構成する「豊田市情報公開・個人情報保護審査会」の意見を聴き、公正に再度開示するかどうかを決定します。

出資法人の情報公開

市が出資している法人(条例、規則で定める団体)については、全団体が要綱等を作成して情報公開を行っています。

他の制度との関係

この情報公開制度は、他の法令等で既に閲覧等の手続が定められている文書や、図書館、民芸館等で市民の利用に供することを目的として管理しているものには適用されません。

情報公開制度の基本原則

豊田市の情報公開制度は、次の基本原則に従って運用します。

1 原則開示

公文書は原則として開示します。例外として、合理的な理由に基づき保護が必要であるものに限り不開示とします。

2 個人のプライバシーの保護

プライバシーは個人の尊厳にかかわるものであり、人権を尊重する観点から、個人に関する情報の保護については、最大限の配慮をします。

3 市民の皆さんに分かりやすく利用しやすい制度

市民の皆さんに分かりやすく利用しやすい制度とするため公文書管理センター等を窓口として、情報公開の相談、案内や開示請求の受付、開示の実施などを一元的に行います。

4 情報提供の充実

市民の皆さんが市政に関する情報を、いつでも容易に得られるよう公文書管理センターにおいて、情報提供の積極的な推進に努めます。

情報公開事務の流れ

審査請求事務の流れ

情報公開制度の実施状況

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?

質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

総務部 庶務課
業務内容:統計、文書、情報公開、車両の管理などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6607 ファクス番号:0565-33-2221
お問合せは専用フォームをご利用ください。



マイページ

使い方

マイページへ追加する

マイページ一覧を見る