「ボイス+パレルモ展」が始まります

ページ番号1043122  更新日 2021年4月2日 印刷

写真:「ボイス+パレルモ展」の展示作品

2021年4月2日(金曜日)、豊田市美術館において、「ボイス+パレルモ展」の内覧会が開催されました。

「ボイス+パレルモ展」は、20世紀後半で最も重要な芸術家のひとりであるヨーゼフ・ボイスと、その教え子であるブリンキー・パレルモの二人展で、1960年代から1970年代にかけて制作された金属やフェルトなどを材料とする作品を中心に構成されています。
一見対象的な二人の作品から、社会と芸術の関わり、芸術の営為とは何かを問いかける展覧会となっています。

なお、この展覧会は、豊田市制70周年記念事業として位置づけ開催されるものです。

美術館の職員は、「ボイスとパレルモ両者の作品をこの規模で見られる機会は、今後も恐らくないと思います。ぜひ美術館に足を運んでいただきたいです。」と話していました。

「ボイス+パレルモ展」は、4月3日(土曜日)から6月20日(日曜日)まで開催される予定です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 美術館
業務内容:美術館の管理運営、美術品の収集、企画展などに関すること
〒471-0034 
愛知県豊田市小坂本町8-5-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6610 ファクス番号:0565-36-5103
お問合せは専用フォームをご利用ください。