稲武小学校の児童を対象とした「ゆっくり自動運転実証」が行われました

ページ番号1042447  更新日 2021年3月16日 印刷

写真:自動運転で走るEVバス

2021年3月16日(火曜日)、稲武地区で、稲武小学校の児童を対象とした、「ゆっくり自動運転実証」が行われました。

実証は、豊田市と名古屋大学が、稲武地区の課題解決を図るために地域住民で構成された「地域のくらし検討委員会」と連携して実施しました。

この日は、8人乗りの自動運転レベル3による自動運転EVバスに、稲武小学校の児童が片道あたり4、5人ずつと万一のためにドライバー、技術スタッフが乗車し、どんぐり工房と稲武支所間の約1キロメートルを時速約17キロ程度で9往復しました。

また、EVバスの車両には、稲武小学校の1~4年生が描いたイラストがラッピングされており、児童たちは自分の絵が飾られているのを嬉しそうに見ていました。

実証に参加した児童は、「バスが動いている時に、本当にハンドルが勝手に動いて自動で運転していたので驚きました。その様子を見てとても不思議な気持ちになりました。自動運転の車になれば、みんなが便利になると思いました。」と話していました。

なお、3月15日(月曜日)には、稲武中学校の生徒を対象とした同様の実証が行われ、生徒19人が参加しました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。