新型MIRAIとC+podを公用車に導入 納車式が行われました

ページ番号1042368  更新日 2021年3月8日 印刷

写真:納車された車両の前で記念撮影を行う市長

2021年3月5日(金曜日)、とよたエコフルタウンで、新たに公用車として導入される新型MIRAI(燃料電池自動車)とC+pod(超小型電気自動車)の納車式が行われました。

納車式には太田市長、山田市議会議長のほか、トヨタ自動車の開発責任者も参加し、外部給電機能や走行中に大気中の汚染物質を取り除く新たなフィルター技術などについて紹介されました。

今回納車された車両は、新型MIRAIが1台、C+podが6台で、今後は市役所本庁舎や支所などで公用車として利用されるだけでなく、次世代自動車の普及に向けたPR活動にも活用される予定です。

また、災害などの非常時には避難所に配車され、電気を供給する電源車としても活用される予定です。いずれの車両も豊田市の公用車としての導入は初めてです。

納車式で太田市長は「導入した車両には、CO2フリー水素や再生可能エネルギーを積極的に充填・充電するなど『ゼロカーボン』の実現に向けてできることを着実に行っていきたいです。また、外部給電機能などについても市民にPRし、クルマのまちとして普及に努めていきたいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。