市内4酒造業者が矢作ダム貯蔵酒「山清水秀」を搬出しました

ページ番号1039662  更新日 2020年8月31日 印刷

写真 矢作ダム貯蔵酒「山清水秀」のお披露目

2020年8月31日(月曜日)、豊田市は、矢作ダムの堤内に貯蔵している「矢作ダム貯蔵酒 山清水秀(さんせいすいしゅう)」の搬出作業を行いました。

同貯蔵酒は、豊田市、市内4酒造業者(浦野合資会社、関谷醸造株式会社、豊田酒造株式会社、中垣酒造株式会社)、国土交通省矢作ダム管理所、旭観光協会と共働で、本年6月からダム堤内に貯蔵しています。ダム堤内に日本酒を貯蔵するのは、愛知県初の取組であり、年間を通じて気温の変動がなく、日本酒の貯蔵・熟成に適しているからです。

冒頭のあいさつで太田市長は、「この機会に、4つの酒蔵がそれぞれ作った『山清水秀』を楽しんでいただきたいです。」と話しました。

また、酒造業者の1つである中垣酒造株式会社専務取締役は、「市内4酒造業者が共働で事業を実施するのは初めての取組になります。ぜひ、飲み比べて味の違いを楽しんでいただければと思います。」と話していました。

なお、販売価格は8,000円(4本1セット、税・送料込み)で、9月2日(水曜日)午前10時からファクスまたはEメールで中垣酒造株式会社への申込みとなります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 旭支所
業務内容:窓口業務、地域自治区(地域会議など)、住民自治支援、観光振興、過疎地域の支援、地域の公共交通などに関すること
〒444-2892 
愛知県豊田市小渡町船戸15-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-68-2211 ファクス番号:0565-68-3476
お問合せは専用フォームをご利用ください。