豊田市内で株式会社SkyDriveが「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を公開しました

ページ番号1039641  更新日 2020年8月28日 印刷

写真 有人飛行を行うSkyDriveの最新機体

2020年8月25日(火曜日)、株式会社SkyDriveは、豊田市内にある日本最大級の実証フィールドで「空飛ぶクルマ」の有人飛行試験を公開しました。

同社は、2019年5月に豊田市と「新産業創出へ向けた『空飛ぶクルマ』開発に関する連携協定」を締結し、ものづくり創造拠点SENTANでの機体開発や市有地を活用した実証フィールドにおける屋内飛行試験などを行っています。

公開された最新機体(SD-03)は、1人乗り、縦横約4メートル、高さ約2メートル、重量約400キログラムの機体で、機体の四隅にはプロペラが2組ずつあります。今回の試験では、2回のフライトで2メートルの高さを計4分間飛行しました。

同社代表取締役であり、豊田市WE LOVEスペシャルサポーターの福澤氏は、「今回の機体は、従来の機体より、格段に安全かつ安定した飛行ができるようになりました。今後は、2023年の実用化に向けて突き進んでいきたいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 次世代産業課
業務内容:ものづくり創造拠点の運営管理、イノベーション創出、次世代産業の育成などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市挙母町2-1-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-47-1250 ファクス番号:0565-47-1252
お問合せは専用フォームをご利用ください。