葵護謨工業株式会社からフェイスシールドが追加寄贈されました

ページ番号1039573  更新日 2020年8月25日 印刷

写真 寄贈されたフェイスシールドを手に持つ同社会長と太田市長

2020年8月25日(火曜日)、市内の葵護謨工業株式会社からフェイスシールド25,000セットが豊田市に寄贈されました。

この日は、葵護謨工業株式会社の代表取締役会長が市役所を訪れ、自社で製造したフェイスシールドを豊田市長に手渡しました。

同社からのフェイスシールドの寄贈は令和2年5月28日に続いて二度目で、いずれも新型コロナウイルス感染症対策に役立ててほしいという思いで寄贈されました。

同社会長は、「自社がこれまで経営してこられたのも地元のおかげです。少しでも地元の方のお役に立ててほしいです。」と話していました。

また、太田市長は、「2度も寄贈いただき大変ありがたいです。大切に使わせていただきます。」と感謝の言葉を述べました。

今回寄贈されたフェイスシールドは、市役所やPCR検査所、放課後児童クラブ、こども園などで活用される予定です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 松平支所
業務内容:窓口業務、地域自治区(地域会議など)、住民自治支援、福祉の初期相談、地域の公共交通などに関すること
〒444-2216 
愛知県豊田市九久平町寺前16(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-58-0001 ファクス番号:0565-58-0049
お問合せは専用フォームをご利用ください。