四郷駅周辺の区画整理事業区域を実証地として提供します

ページ番号1039273  更新日 2020年8月5日 印刷

写真 パーソナルモビリティの走行デモンストレーション

2020年8月4日(火曜日)、豊田市は、豊田市つながる社会実証推進協議会の会員団体を対象に、豊田四郷駅周辺の土地区画整理事業区域の一部を、自動運転やドローンなどの実証地として提供を開始しました。

この取組は、実際の市街地に近い環境にある区画整理事業区域を、実証地として民間企業等に提供することで、先進技術の研究開発に役立てていただこうと、協議会会員団体である株式会社フジタ及びトヨタすまいるライフ株式会社とともに始めたものです。

この日は、実証実験に先立ち、同区域内の供用開始前の道路及び歩道で、立ち乗り型、座り乗り型のパーソナルモビリティ及び超小型電気自動車「コムス」の走行デモンストレーションが行われました。

市未来都市推進課の職員は、「実際の市街地や公道での実証実験は、許可申請や規制緩和などの手続きが必要で、これまで多くの時間がかかっていました。区画整理地を活用し、スムーズに実証実験を行っていただくことで、先進技術のより早い実装と将来のまちづくりに繋げていきたいです。」と話していました。

なお、当該区域における実証地の提供は、豊田四郷駅周辺土地区画整理組合の協力の下、9月30日(水曜日)まで行われる予定です。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。