企画展「久門剛史 らせんの練習」を開催しています

ページ番号1037400  更新日 2020年3月31日 印刷

写真 企画展を観覧する市民ら

2020年3月20日(金曜日)、豊田市美術館において、企画展「久門剛史 らせんの練習」が始まりました。

同展は、光や音、立体などを用いて空間全体を劇場のような作品に変える新進の作家、久門剛史氏による国内初の大規模な個展です。

同展を企画した学芸員は、「久門さんは、普段目に見えないものや気づかないものに気づかせてくれる作家です。作品を見ると世の中の見え方が変わってきます。先が見えない今の状況だからこそ見てほしいです。」と話していました。

なお、同展は6月21日(日曜日)まで開催しています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 美術館
業務内容:美術館の管理運営、美術品の収集、企画展などに関すること
〒471-0034 
愛知県豊田市小坂本町8-5-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6610 ファクス番号:0565-36-5103
お問合せは専用フォームをご利用ください。