日本ボッチャ選手権大会で銅メダルを獲得した小西選手が太田市長を訪問

ページ番号1035935  更新日 2020年1月7日 印刷

太田市長にボッチャの説明をする小西選手

2020年1月6日(月曜日)、豊田市在住のボッチャ選手である小西麻衣氏が太田市長を訪問しました。

小西選手は、2019年12月20日(金曜日)~22日(日曜日)にスカイホール豊田で開催された「第21回日本ボッチャ選手権大会」オープン立位クラスにおいて、本大会初出場で銅メダルを獲得しました。

ボッチャとは、重度の脳性まひ者や同程度の障がいが四肢にある人のためにヨーロッパで考案されたスポーツで、ジャックボールと呼ばれる白色の目標球に、赤と青の各6球のボールをいかに近づけるかを競うもので、テクニックと共に頭脳戦を楽しむ競技です。

太田市長からボッチャの魅力や今後の抱負について聞かれると、小西選手は、「ボッチャは、老若男女、障がいのあるなしにかかわらず、すべての人が一緒に競い合えるところが魅力です。今後は、日本一を目指していきたいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

福祉部 障がい福祉課
業務内容:障がい者福祉の企画・調整、福祉団体の育成・指導、障がい福祉施設などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6751 ファクス番号:0565-33-2940
お問合せは専用フォームをご利用ください。