市長と小泉環境大臣がオンラインによる対談を行いました

ページ番号1035517  更新日 2019年12月13日 印刷

小泉環境大臣とオンライン会談を行う市長

2019年12月6日(金曜日)、太田市長と小泉環境大臣がオンラインによる対談を行いました。

これは、豊田市が11月29日(金曜日)に、2050年におけるCO2排出量実質ゼロを目指すことを表明したことに伴い、行われたものです。

パソコンとテレビモニターを使って、市長がCO2排出量実質ゼロに向けた豊田市の取組について説明し、小泉環境大臣と意見交換を行いました。

太田市長は、「2050年にCO2排出量実質ゼロを実現するために、1つ目は環境モデル都市の取組を加速すること、2つ目は市民や企業をできるだけ巻き込んでいくこと、3つ目は新しい技術を率先して導入すること、この3点の取組を進めていきたいと考えています。ただ、この取組を加速して進めても、70%の削減にしかなりません。残りを埋めるのが技術革新であると思っています。新たな技術革新に対して、国に支援していただきたいです。」と話していました。

小泉環境大臣は、「太田市長のリーダーシップで、豊田市がCO2排出ゼロ宣言をしてくださり、大変心強く思っています。太田市長から他の中核市長会の自治体の首長にも呼びかけをしていただくことで、この取組が広がっていくと思います。国も技術革新が実際に社会に実装されるように後押しをしていきたいと思っています。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。