高速交通事故対応合同訓練を行いました

ページ番号1034626  更新日 2019年10月18日 印刷

写真 訓練行う消防職員

2019年10月18日(金曜日)、豊田東インターチェンジ内プラザで、新東名高速道路のトンネル内での事故を想定した訓練を実施しました。

訓練には、豊田市消防本部のほか、岡崎市消防本部、愛知県高速道路交通警察隊及び中日本ハイウェイ・パトロール名古屋株式会社が参加しました。

訓練では、高速道路の規制から、患者の発見・搬送までを連携して行いました。また、消防用のドローンを活用し、上空からの状況確認も行いました。

南消防署長は、「トンネル内での事故において、迅速に救助することが大事です。火災の発生も考えられるので、今後は排煙の訓練も行っていきたいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 南消防署
業務内容:救急、救助、火災の鎮圧などに関すること
〒470-1216 
愛知県豊田市和会町長田3-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-25-9008 ファクス番号:0565-25-9910
お問合せは専用フォームをご利用ください。