ラグビーイタリア代表チームが童子山小学校の児童と交流しました

ページ番号1034222  更新日 2019年10月11日 印刷

写真 イタリア代表の4選手と交流する児童ら

2019年10月10日(木曜日)、ラグビーワールドカップ2019日本大会で12日(土曜日)に豊田スタジアムで試合を予定していたイタリア代表チームが童子山小学校を訪れ、全校児童との交流事業を行いました。

この日は、ラグビーイタリア代表の4選手(アンドレア・ロヴォッティ/プロップ、ニコラ・クァーリョ/プロップ、ルーカ・モリージ/センター、マッテオ・ミノッツィ/フルバック)が同校を訪れ、児童らへのラグビー指導やスクリューパス、ラインアウトなどの実演が行われました。また、児童が訪問の感謝の意を込めてイタリア国家の合唱を披露すると、選手らは嬉しそうに聞き入っていました。

選手にラグビー指導をしてもらった児童は、「ボールの持ち方を教えてもらい、上手くパスができるようになりました。選手は皆身体が大きかったです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 スポーツ戦略課
業務内容:スカイホール豊田、豊田スタジアム、大規模スポーツイベントなどに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6950 ファクス番号:0565-32-9779
お問合せは専用フォームをご利用ください。