車いすバスケットボール体験会が開催されました

ページ番号1033170  更新日 2019年9月5日 印刷

写真 車いすバスケットボールを体験する児童ら

2019年9月4日(水曜日)、今年度のオリンピック・パラリンピック教育推進校である市木小学校で、車いすバスケットボールの選手による車いすバスケットボール体験会が開催され、市木小学校5年生68人が参加しました。

車いすバスケットボールは、障がい者スポーツの花形と言われており、夏季パラリンピックの公式種目の一つです。

この日は、車いすバスケットボールチーム「ワールドバスケットボールクラブ」所属の神谷泰範選手と竹内厚志選手の2人が市木小学校を訪れ、初めに車いすバスケットボールのルール説明や、デモンストレーションを行いました。その後児童らは、実際に車いすに乗り、シュート練習やゲームを体験しました。どの児童も笑顔いっぱいで、体験会を楽しんでいる様子でした。

また、体験会の後、児童と選手は一緒に給食を食べながら、車いすバスケットボールや学校生活の話をするなど、交流を深めました。

参加した児童は、「座ったままボールを投げるのが難しかったけど、シュートを決めることができて嬉しかったです。とても楽しい体験会でした。」と話していました。

神谷選手は、「車いすバスケットボールのことをもっと多くの人に知ってほしいと思っています。障がい者でも健常者でも、誰にでもできるスポーツなので、興味を持ったら、ぜひチャレンジしてほしいです。」と話していました。

なお、令和元年9月7日(土曜日)、8日(日曜日)にスカイホール豊田で「TOYOTA U25 日本車いすバスケットボール選手権大会2019」が開催されます。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

生涯活躍部 生涯スポーツ推進課
業務内容:スポーツ教室、スポーツ施設、スポーツ団体などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎2階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6632 ファクス番号:0565-32-9779
お問合せは専用フォームをご利用ください。