認知症講演会が開催されました

ページ番号1032163  更新日 2019年7月4日 印刷

基調講演を行う丹野智文氏

2019年7月3日(水曜日)、豊田市福祉センターで、認知症への理解を深めてもらうことを目的とした認知症講演会が、ケアネットワーク~絆~と豊田市の共催で開催され、市民や関係者ら約350人が参加しました。

この日は、ご自身も若年性認知症の当事者である丹野智文氏による基調講演が行われ、参加者は、丹野氏の経験を踏まえた苦労話や工夫していることなどについて熱心に聞き入っていました。講演の中で丹野氏は、「認知症への間違った認識で当事者を苦しめている場合があります。家族や支援者はしっかりと認知症のことを理解し、本人が何をしたいのか、どうしたいのかを一緒に考え、共に行動することが大事です。」と話していました。

なお、丹野氏は39歳の時に若年性アルツハイマー型認知症と診断されました。その後、自動車販売の仕事を続けながら、不安を持っている認知症本人のための物忘れ総合相談窓口「おれんじドア」の実行委員会代表を務めるなど、自らの経験を語る活動に力を入れています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

福祉部 高齢福祉課
業務内容:高齢者福祉の企画・調整、認知症、老人福祉施設等に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎1階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6984 ファクス番号:0565-34-6793
お問合せは専用フォームをご利用ください。