豊田厚生病院・トヨタ記念病院がドクターカーの運用を開始 救急隊員のドクターカー研修に関する協定を締結しました

ページ番号1032150  更新日 2019年7月2日 印刷

ドクターカーと市長ら

2019年7月1日(月曜日)、西三河北部医療圏の三次救急医療を担う豊田厚生病院とトヨタ記念病院がドクターカーの運用を開始するにあたり、豊田市消防本部は豊田加茂医師会、両病院と「ドクターカー研修に関する協定」を締結しました。

この協定は、救急隊員が病院実習の一環としてドクターカーに乗車し、同乗する医師から指導・助言を受けることで、救急隊員の知識と技術の向上を図るものです。

本市では、これまでどちらか一方の病院内に消防の救急車を配置し、緊急時は病院実習を行っている救急隊員3人及び医師等が救急車に乗り出動していました。今後は、両病院にドクターカーが配置されることで、ドクターカーの運用主体が両病院に移行するとともに、本協定により、緊急時に両病院が運用するドクターカーに救急隊員1人及び医師が乗車します。

太田市長は、「救急出動において、覚知から医師へ引渡しまでの所要時間は約39分かかっていましたが、ドクターカー出動事案では覚知から医師の接触までは約17分となります。同協定により、救急隊員の知識や技術の向上にもつながります。」と話していました。豊田加茂医師会の渡邊会長は、「ドクターカーを運用することにより、傷病者により早くアクセスすることできます。また、両病院にドクターカーが配置されることで、広く市域をカバーでき、市民にも身近に感じてもらうことができると思います。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 警防救急課
業務内容:消防活動の対策と研究、消防水利施設の設置などに関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9701 ファクス番号:0565-35-9709
お問合せは専用フォームをご利用ください。