自転車事故抑止出発式が実施されました

ページ番号1031154  更新日 2019年5月10日 印刷

写真 自転車通行空間(矢羽根型路面標示)を模範走行する啓発部隊

2019年5月10日(金曜日)、豊田市と豊田警察署は、春の交通安全市民運動<期間:5月11日(土曜日)~20日(月曜日)>に先駆け、愛知県警察自転車対策部隊「B-Force(ビーフォース)」や豊田市自転車啓発部隊など約60人で「自転車事故抑止出発式」を実施しました。

冒頭のあいさつで、豊田市長、豊田警察署長があいさつし、参加者に向けて、自転車の運転者に対しても交通ルールを順守するよう訴え、皆で協力して交通事故を1件でも減らしていこうと呼びかけました。

その後、自転車による啓発部隊は、自転車の安全運転・利用を訴えるため、国道248号、153号の自転車通行空間(矢羽根型路面標示)を通行しながら、豊田市駅まで模範走行を実施しました。

B-Forceの隊員は、「自転車事故の多くは、一時停止をしなければならない交差点で起こるため、必ず一時停止を心がけてほしいです。また、自転車を運転する際は、ヘルメットを着用することで事故の際のリスクが軽減ため、ぜひ着用してほしいです。」と話していました。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

地域振興部 交通安全防犯課
業務内容:交通安全、交通事故防止、放置自転車問題、防犯施策などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6633 ファクス番号:0565-32-3794
お問合せは専用フォームをご利用ください。