ラグビーワールドカップ2019大会参加チームのサモア代表ヘッドコーチらが豊田スタジアムを視察

ページ番号1029943  更新日 2019年2月28日 印刷

写真 サモア代表チームのヘッドコーチら

2019年2月27日(水曜日)、ラグビーワールドカップ2019において、豊田スタジアムで日本代表と試合を行うことが決まっているサモア代表チームのスティーブ・ジャクソンヘッドコーチら3人が、豊田スタジアムのピッチやロッカールームなどを視察しました。

視察後、同ヘッドコーチは、「豊田スタジアムは、素晴らしいスタジアムです。グランドが固めなので、早いラグビーを展開できると思いました。ホスト国である日本と対戦ができることを楽しみにしています。国の代表として、ベストを尽くしていきたいです。」と話していました。

ヨーロッパ・オセアニアプレーオフを制しての出場となるサモア代表は、今年のラグビーワールドカップで8大会連続8回目の出場となります。

なお、サモア代表は2019年10月5日(土曜日)に日本代表と対戦します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 ラグビーワールドカップ2019推進課
業務内容:ラグビーワールドカップ2019及びこれに関連する施策の総合調整に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6786 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。