RWC2019日本大会の開催時に設置する「おもてなしエリア」の総合演出家・西川千雅氏が市長を訪問

ページ番号1027841  更新日 2018年11月22日 印刷

写真 「おもてなしエリア」の総合演出について意気込みを語る西川氏

2018年11月20日(火曜日)、ラグビーワールドカップ2019の大会期間中に設置する「おもてなしエリア」の総合演出家に決まった、日本舞踊西川流四世家元の西川千雅(にしかわ かずまさ)氏が豊田市長を訪れ、「豊田市民とともに、伝統文化・芸術などを中心とした、他にはない豊田の魅力を発信していきたいです。」と意気込みを語りました。

西川氏は過去に、2005年愛・地球博開催式への出演や2010年名古屋開府400年式典一部演出、2016年第31回国民文化祭では総合プロデューサーを務めています。

(備考)「おもてなしエリア」とは、ラグビーワールドカップ2019の大会期間中に豊田市駅前一帯において、ステージイベントやストリート&パークマーケット、豊田スタジアムでの試合開催国のPRなどを行うものです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 ラグビーワールドカップ2019推進課
業務内容:ラグビーワールドカップ2019及びこれに関連する施策の総合調整に関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎8階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6786 ファクス番号:0565-34-6681
お問合せは専用フォームをご利用ください。