「Net119緊急通報システム」のデモンストレーションを実施

ページ番号1027000  更新日 2018年10月16日 印刷

写真 デモンストレーションを行う湯上剛輝選手

2018年9月28日(金曜日)、中京大学豊田キャンパスで、「Net119緊急通報システム」のデモンストレーションが実施されました。

「Net119緊急通報システム」の導入により、聴覚・言語障がい者など音声による119番通報が困難な方などを対象に、スマートフォンなど携帯端末からインターネットを使って119番通報ができるようになります。通報時にGPS機能による位置情報や画像を送るほか、チャット機能を利用し、リアルタイムで会話をすることができ、迅速な消防・救急活動につなげることができます。

この日は、市内在住で円盤投げ日本記録保持者であり、自身も聴覚機能に障がいがある湯上剛輝選手(トヨタ自動車株式会社所属)を招き、Net119の登録や機器の操作のデモンストレーションを行いました。

デモンストレーションに参加した湯上選手は、「GPSやチャット機能などがあり、操作がしやすかったです。119番通報は電話というイメージが強く不安でしたが、これで安心して119番通報ができます。」と話していました。

また、市消防本部の担当者は、「Net119により利便性がより高まりました。聴覚や言語に障がいのある方に安心して利用いただきたいです。」と話していました。

なお、本システムは10月1日(月曜日)から運用を開始します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

消防本部 指令課
業務内容:火災、救急、災害出動指令に関すること
〒471-0879 
愛知県豊田市長興寺5-17-1(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-35-9724 ファクス番号:0565-35-9739
お問合せは専用フォームをご利用ください。