おいでんバス稲武・足助線における貨客混載の本運行を開始 出発式が開催されました

ページ番号1022815  更新日 2018年10月16日 印刷

写真 宅配物をバスに積み込む様子

おいでんバス「稲武・足助線」で乗客と宅配物を一緒に運ぶ「貨客混載」事業を本格的に開始するにあたり、運行初日である1月26日、足助町の宮町駐車場で出発式が行われました。

出発式には、豊田市長はじめ、宅配事業者であるヤマト運輸株式会社中部支社の支社長や、おいでんバスの運行事業者である豊栄交通株式会社の代表者らが出席し、挨拶やテープカットが行われました。また、おいでんバス「稲武・足助線」の運転士が、宅配事業者から荷物を受け取り、稲武地区に向けて出発する様子を参加者らが見守りました。

出発式で市長は「中山間地の住民にとって、おいでんバスは生活する上で欠かせない移動手段ですが、運行にかかる経費が課題でした。今回の貨客混載は、市は収入が確保でき、運送事業者はドライバー不足への対応策となる効果的な事業です。この取組が、他の路線でもできないか可能性を探っていきたいと思います。」と話していました。また、ヤマト運輸株式会社中部支社長は、「多くの関係者に協力してもらいながら、本運行できることになりました。この事業によって、ドライバーが輸送する時間が60~90分程度削減できます。その削減した時間をどう活用するか市と模索しているところです。この取組が永続的、発展的な形で継続できるよう努力していきたいです。」と話していました。

今後は、足助地区のバス待機場にて宅配物をおいでんバス(午後2時55分足助病院発どんぐりの湯前行き)に積込み、稲武地区まで運びます。終点どんぐりの湯前に到着(午後3時43分着)後、バス待機場にて宅配事業者が宅配物を受け取り、稲武地区各家庭等へ当日中に配送します。原則として毎週火~土に実施し、輸送にかかる費用はヤマト運輸が負担します。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 市政発信課
業務内容:広報とよた、市勢ガイド、報道対応、CATV市政番組、ラジオ市政番組、市政記録映像、市ホームページ管理運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6604 ファクス番号:0565-34-1528
お問合せは専用フォームをご利用ください。