8件の技術・製品を認定 「豊田ものづくりブランド」認定式を開催しました

ページ番号1020541  更新日 2018年10月16日 印刷

豊田ものづくりブランドに認定された企業の代表者ら

2017年8月24日(木曜日)に、豊田商工会議所で、豊田市内の中小企業・小規模事業者の持つ優れた技術や製品にスポットをあて認定を行う「豊田ものづくりブランド」認定式が開催されました。

制度を開始し4年目となる本年度は、22件の技術・製品の申請があり、8件の技術・製品が認定されました。認定式には、同ブランドに認定された8社のうち、7社の代表者が出席し、豊田ものづくりブランド推進協議会会長である三宅豊田商工会議所会頭から認定証書とたてを受けとりました。

認定式で三宅会頭は、「豊田のものづくりの中小企業が支えている部分を何とか支援できないかという思いで取り組んでいます。認定された企業には、各地の企業展への出展・PR支援などの特典があります。その特典を利用して販路の拡大などをしてほしいです。」と話していました。また、豊田ものづくりブランド推進協議会特別顧問の太田市長は、「今回の認定をきっかけとして、益々の活躍を期待しています。色んな条件が整ってエントリーできたのが今回の22件であり、まだ、豊田には隠れた技術・製品がたくさんあると思います。行政としてできることを、産業界の方と一緒に考えながら実行していきたいです。」と話していました。

前輪を2輪にし、路面段差への強さ、ふらつきの軽減、積載能力の向上、低速安定性を実現した電動アシスト自転車「前輪シンクロシステムの3輪電動アシスト自転車」を開発し、認定された豊田TRIKE株式会社の小野田貴啓(おのだ たかひろ)開発本部長は、「高齢者等が、より安定して、安全に走れる自転車の形について追及してきました。今回認定されたことで、市内企業とつながる機会を持てるため、色々な企業と交流し、新たな知恵を取り込んでいきたいです。」と話していました。

認定された技術・製品は、今年の11月に開催される異業種交流展示会「メッセナゴヤ」や、2018年2月に開催される「テクニカルショウヨコハマ」に出展します。認定を受けた企業に対しては、パンフレットによる周知、ロゴマークの使用の許可、「豊田市中小企業見本市等出展事業補助金」の補助上限額の引き上げ、各種広告媒体への掲載などの支援を行い、製品や技術の販路開拓を後押します。

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 市政発信課
業務内容:広報とよた、市勢ガイド、報道対応、CATV市政番組、ラジオ市政番組、市政記録映像、市ホームページ管理運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6604 ファクス番号:0565-34-1528
お問合せは専用フォームをご利用ください。