ミツバチによるナシの受粉作業が始まりました

ページ番号1018912  更新日 2018年10月16日 印刷

写真 設置した巣箱を確認する農家

ナシの花の開花に合わせ、福受町一帯のナシ畑でミツバチによる受粉作業が始まりました。JAあいち豊田梨部会副会長らは、4月13日夕方から市内の養蜂家から借りたミツバチの巣箱32箱(1箱約4,000~5,000匹)を、「幸水」や「あきづき」など約3,100本のナシの木が並ぶ畑に設置しました。4月17日午前には、ミツバチが足にたっぷりと花粉を付け、畑内を飛び回っていました。ミツバチによる受粉作業は、花の状態を確認しながら4月25日ごろまで続けられます。

JAあいち豊田梨部会副会長は、「4月14日以降は天候が良く暖かい日が続いているので、ミツバチがたくさん飛んでいます。今後もミツバチの活動が活発になる暖かい日が続くことを願っています。ナシはほぼすべての工程を手作業で行っており、ミツバチによる受粉は作業の軽減となっています。多くの人においしいと喜んでもらえるナシを作りたいです。」と話していました。

ナシは異なった品種でないと受粉しない性質を持っています。福受町一帯ではミツバチによる受粉作業が40年以上前から続けられており、現在は約8割程度の畑がミツバチによる受粉を行っています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

経営戦略部 市政発信課
業務内容:広報とよた、市勢ガイド、報道対応、CATV市政番組、ラジオ市政番組、市政記録映像、市ホームページ管理運営などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6604 ファクス番号:0565-34-1528
お問合せは専用フォームをご利用ください。