渡刈クリーンセンター 施設案内

ページ番号1005800  更新日 2018年11月14日 印刷

可燃性一般廃棄物の処理手数料

処理施設に搬入されたものの焼却処分(し尿及び産業廃棄物を除く。)

家庭系廃棄物

手数料(10キログラムにつき) 60円

事業系廃棄物

手数料(10キログラムにつき) 100円

家庭系廃棄物

一般家庭の日常生活に伴って生じたごみ

事業系廃棄物

事業活動に伴って生じたごみ

ごみの計量は、10キログラム単位で計量します。

施設の概要

建築面積

約9,000平方メートル(工場棟)

工期

2003年9月から2007年3月

処理方式

流動床式熱分解ガス化溶融方式

処理能力

405トン(135トン×3炉)

設計施工

日立造船・りんかい・陣内建設共同企業体

渡刈クリーンセンターの特徴

排ガス対策

ごみを燃焼した時にでる排ガス中のばいじん及びダイオキシン類は、高性能のろ過式集じん装置で、非常に厳しい基準値以下に除去されます。また、窒素酸化物は最適な燃焼管理により抑制し、さらに脱硝装置により除去されます。塩化水素は有害ガス除去装置で除去されます。

スラグ化

ごみの中の灰分は焼却溶融後、スラグとして回収します。スラグはガラス質の砂状で、建設資材として有効利用することができます。

余熱利用

ボイラで発生した熱エネルギーは、高温蒸気としてごみ発電や、場内の給湯、冷暖房に利用すると共に、老人福祉施設「豊寿園」へも送っています。

焼却の仕組み

施設内のごみ処理と廃棄物の流れ

電源立地地域対策交付金の活用

渡刈クリーンセンターでは、ごみを安定的、衛生的に処理し、地域の生活環境向上を図るため、国の交付金制度(電源立地地域対策交付金)を活用し、円滑な運営を行っています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?