広報とよた2020年10月号 特集 鞍ケ池公園が、生まれ変わる!

ページ番号1039960  更新日 2020年10月1日 印刷

市内の代表的な都市公園の一つである鞍ケ池公園が令和3年4月以降にリニューアルオープン!キャンプが楽しめるエリアやカフェなどが新設され、より魅力あふれる公園に生まれ変わります。今号では、リニューアルの内容を詳しく紹介します!

鞍ケ池公園のリニューアルイメージ パース

(備考)鞍ケ池公園のリニューアルイメージ。ピクニックエリアや気軽にキャンプ気分を味わえる木製のトレーラーハウスなどが整備される

市民の憩いの場、鞍ケ池公園

市街地の東部に位置する鞍ケ池公園(矢並町地内ほか)は昭和40年に市民のレクリエーションの場としてオープンしました。
自然豊かな場所に立地していることから、四季折々の美しい風景を楽しめるほか、広大な園内には、動物園や植物園、芝生広場、ボート乗り場などがあり、市民の憩いの場として親しまれています。
また、東海環状自動車道とも隣接し、良好な交通アクセスであることから、市外からも多くの人が来園し、年間約130万人もの人に利用されています。

リニューアルのきっかけ

鞍ケ池公園がオープンして半世紀以上が経過しましたが、その間、全国の公園を取り巻く環境にも変化がありました。
これまでの公園整備は、人口増加や経済成長を前提とし、いかに公園の面積を増やしていくかという「量」に重点が置かれてきました。
しかし、近年では、人口減少や価値観の多様化を踏まえ、今ある公園の魅力をいかに最大限引き出していくかという「質」に重点が置かれています。
そうした社会情勢の変化を踏まえ、平成29年度に都市公園法が改正されました。法改正を受け、市では、市内の公園の魅力を高め、市民サービスの向上を図るモデルケースとして、代表的な都市公園である鞍ケ池公園をリニューアルすることとしました。

民間活力を導入した魅力あふれる公園へ

市民サービスの向上を図り、より魅力的な公園としていくために、市では、これまで市民アンケートや市場調査を実施してきました。その結果、キャンプなどのアウトドア活動に対する需要が高いことや、園内に飲食ができる施設を求める声が多いことなどが分かりました。
また、市民アンケートなどと並行して、市では、民間活力を導入した公園整備の在り方を検討してきました。民間企業と連携することで、市民サービスを向上させることはもとより、公園の維持管理の効率化や地域の活性化などが期待できるからです。
こうした検討を重ねた結果、レストランや宿泊施設を含むキャンプフィールドや、カフェなどを整備し、その運営を民間企業が担っていくこととなりました。
既存の施設を生かしつつ、民間活力を取り入れることで、鞍ケ池公園の可能性を最大限に引き出し、これまで以上に多くの人が訪れる魅力あふれる公園にしていきます。

今回のリニューアルで整備される主な施設は、(1)キャンプフィールド、(2)カフェ、(3)サービスセンターの3つです。以下では、それぞれの施設の特徴などをご紹介します。

(備考)写真はすべてイメージです

(1)キャンプフィールド

キャンプフィールドは、キャンプエリア、宿泊用トレーラーハウス、レストラン・ストア棟、ピクニックエリアで構成されます。運営は、日本有数のアウトドアメーカーであるスノーピークが担います。

キャンプエリア

テントでくつろぐ人たちのイメージ写真

木々に囲まれた涼しい空間で、ゆったりとした時間が過ごせます。テントなどのキャンプ用品の貸出しも行うため、手ぶらで来ても本格的なキャンプが楽しめます。もちろん、キャンプ用品の持ち込みも可能です。

宿泊用トレーラーハウス

トレーラー型の宿泊施設 イメージ写真

若草山に整備するトレーラー型の宿泊施設です。内壁にはヒノキが使用され、木の温もりや香りを楽しみながら、アウトドアを満喫できます。また、窓の外には、鞍ヶ池の美しい風景が広がります。

レストラン・ストア棟

レストラン イメージ写真

レストランでは、スキレットやダッチオーブンなどのアウトドア調理器具を使って、地元の食材などを調理し提供。屋内にいながらアウトドア気分を味わえます。ストアでは、スノーピーク商品などを販売予定です。


アウトドア調理器具を使った料理のイメージ写真

ピクニックエリア

若草山ピクニックエリア イメージイラスト

若草山の傾斜地に整備するピクニックが楽しめるエリアです。ピクニックセットなどの貸出しを行うほか、レストランでランチのテイクアウトもできるため、気軽にピクニックを満喫できます。


ピクニックセットイメージ写真

こんな使い方も!!

外で会議するイメージ写真

キャンプフィールドは、余暇活動はもちろん、屋外で仕事を行う「アウトドアオフィス」としても活用いただけます。自然に囲まれた開放的な空間で仕事をすることで、新しい発想が生まれるかもしれません。

(2)カフェ

カフェのイメージ写真

スターバックスコーヒーが出店を予定しています。
広々とした店内に加え、屋外には開放的なテラス席も設けられ、鞍ヶ池の景色を眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。テイクアウトもできるので、コーヒーを片手に池の周りを散策するなんていう楽しみ方も。

(3)サービスセンター

サービスセンターのイメージ写真

サービスセンターは、管理事務所と案内所の機能を有した施設です。
来園者が気軽に立ち寄れるよう公園の中心部に整備します。
建物は、公園の景観に馴染むよう木材を使用し、開放感あふれるガラス張りのつくりとする予定です。

各施設の位置図

鞍ケ池公園の航空写真

日常をより「彩り豊か」にする公園を目指して

鞍ケ池公園は、多くの市民の皆さんに利用いただいている市の代表的な施設です。
今回のリニューアルでは、現在無料で楽しめる施設などはそのままに、アウトドア要素を付加することで、より公園の魅力を高めていきます。また、民間事業者による乗馬体験やキッチンカーの出店なども予定されていますのでご期待ください。
リニューアルにあたって、市では「新しい生活様式」を踏まえた運営方法についても検討を重ね、コロナ禍でも安心して楽しめる公園づくりを進めています。
新しく生まれ変わる鞍ケ池公園が、皆さんの日常生活に、より一層の彩りを提供する存在になることを願っています。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

都市整備部 公園緑地つかう課
業務内容:公園・広場・緑地・墓地の管理、花のあるまちづくりの推進などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6621 ファクス番号:0565-34-4500
お問合せは専用フォームをご利用ください。