広報とよた2020年7月号 特集 自分のため、みんなのために「新しい生活様式」を実践しよう!

ページ番号1038685  更新日 2020年7月22日 印刷

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ「新しい生活様式」の実践例 まめに手洗い・手指消毒、咳エチケットの徹底、こまめに換気、身体的距離の確保、「3密」の回避(密集・密接・密閉)、毎朝体温測定、健康チェック (実践例は、王政労働省ホームページ「「新しい生活様式」の実践例」から一部抜粋)

愛知県内の新型コロナウイルス感染者数は減少傾向にあり、県は発出していた「緊急事態宣言」を5月31日に解除しました。
そうした状況の中でも、引き続き一人一人が気を緩めずに感染対策に取り組むことが、再度の感染拡大を防ぐ上で重要となります。
感染拡大を防ぐ具体的な方法として、国が提唱する「新しい生活様式」の中から、6つの実践例(日常生活を営む上での基本的生活様式)を紹介します。
自分や大切な人を守るために、皆さん是非実践しましょう!

まめに手洗い・手指消毒

帰宅時や調理の前後、食事の前など、こまめに手を洗いましょう。以下の(1)~(6)の順で石鹸を使い30秒程度かけて丁寧に洗いましょう。石鹸で手を洗い終わったら十分に水で流し、清潔なタオルやペーパータオルでよく拭き取って乾かします。(備考)手指消毒薬の使用も可
(1)流水でよく手をぬらした後、石鹸をつけ、手のひらをよくこすります。
(2)手の甲を伸ばすようにこすります。
(3)指先・爪の間を念入りにこすります。
(4)指の間を洗います。
(5)親指と手のひらをねじり洗いします。
(6)手首も忘れずに洗います。

咳エチケットの徹底

「マスクの着用」「ティッシュ・ハンカチや袖で口・鼻を覆う」など咳エチケットに努めましょう。
ただし、これからの時期は、気温や湿度が高くなり、長時間マスクを着用していると熱中症になるリスクもあります。感染対策を行いつつ、熱中症にも十分注意しましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント

  • 屋外で人と2メートル以上の距離を確実に確保できる場合には、マスクを外すようにしましょう。
  • マスクを着用している場合は、体に負荷のかかる作業や運動を避け、のどが渇いていなくても、こまめに水分補給するよう心がけましょう。

こまめに換気

空気の流れを作るため、複数の窓がある場合は2方向の窓を開放しましょう。窓が1つしかない場合は、ドアを開け、換気扇を回すなどこまめな換気を行いましょう。

身体的距離の確保

人との間隔はできるだけ2メートル空けましょう。
<2メートルの目安>
大人が両腕を伸ばした幅、大人の歩幅3歩分(子どもは5歩分)、クルマの正面の車幅など

「3密」の回避(密集、密接、密閉)

「ぎゅうぎゅう(密集)」「がやがや(密接)」「むんむん(密閉)」となる状況は避けるようにしましょう。

毎朝体温測定、健康チェック

毎朝など定時の体温測定、健康チェックをしましょう。少しでも体調が悪いと感じた時は、無理をせず自宅で休みましょう。

問合せ

感染症予防について 感染症予防課(電話番号:0565-34-6180)
熱中症予防について 保健部総務課(電話番号:0565-34-6956)

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 感染症予防課
業務内容:予防接種、結核予防、感染症の予防、環境衛生などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6180 ファクス番号:0565-34-6929
お問合せは専用フォームをご利用ください。

保健部 総務課
業務内容:健康づくり、健(検)診(成人向け)、食育・栄養、歯科保健、医事・薬事などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6723 ファクス番号:0565-31-6320
お問合せは専用フォームをご利用ください。