環境にやさしい交通システム「Ha:mo RIDE」が中心市街地でスタート

ページ番号1006226  更新日 2017年5月23日 印刷

豊田市は、トヨタ自動車株式会社との共働により、新しい都市交通システム(通称Ha:mo RIDE)の運用を行っています。

Ha:mo RIDEは、平成24年度から浄水エリアにて試行運用を行い、平成25年10月1日より、中心市街地や三河豊田駅・土橋駅周辺などにも規模を拡大し、実証運用によるシェアリングを開始しました。
平成29年4月以降についても、新たな運用体制の下で、引き続き、超小型電気自動車のシェアリングを継続していますので、ぜひご利用ください。
公共交通と連携した端末交通移動手段に最適な超小型電気自動車を活用することで、より低炭素な交通社会の実現をめざします。

Ha:mo とは、超小型電気自動車(コムス)のシェアリングシステムのことで、公共交通と連携し端末・補完交通として期待される新たな交通手段です。

現在、Ha:mo RIDEの会員を募集しています!新しい交通手段を体験してみませんか?
詳細は、関連情報の「Ha:moウェブ」をご参照ください。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

企画政策部 未来都市推進課
業務内容:持続可能なまちづくりに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6982 ファクス番号:0565-34-2192
お問合せは専用フォームをご利用ください。