地域経営戦略プラン

ページ番号1007619  更新日 2018年11月2日 印刷

市民、地域、企業など多様な主体と市役所が連携して豊田市という地域を経営して行こうとする「地域経営」の考え方に基づき、「地域経営戦略プラン」を策定し、市役所改革と共働によるまちづくりを推進しています。

1 地域経営戦略プランの概要と取組実績

  • これまでに豊田市が進めてきた行政経営の取組や、市町村合併を契機に進めてきた共働によるまちづくりの実績を踏まえて整理した地域経営(注釈1)という新しい考え方を推進する仕組み・取組である「地域経営システム」の具体的な行動計画として新たに策定したものです。
  • このプランの取組を通じて、「豊田市まちづくり基本条例」の基本理念である「安心して暮らせる自立した地域社会の実現」に向け、共働の推進に力を入れながら不断の行政改革を実行します。
  • 取組期間:2013年度~2015年度
  • 戦略方針:35
  • 行動計画数:152
  • 取組実績

(注釈1):地域経営
安心して豊かに暮らせる自立した地域社会の実現に向け、共働の効果を最大限発揮するための考え方で、地域の多様な主体(地域で活動する市民、NPO、大学、企業など)及び市役所(行政)が連携しながら、地域の資源を最大限効果的に活用し、地域の持続的な発展に向けて活動すること

画像:地域経営のイメージ図

2 地域経営という考え方の導入までの流れについて

豊田市のこれまでの行政経営の取組みと地域経営の導入までの流れを以下に紹介します。

1 行政経営の取組

  1. 2000年 行政経営システム導入
    行政運営体(先例踏襲、予算消化)から行政経営体(市民志向・成果重視・現場主義)の転換を目指し、仕事の進め方や考え方をルール化しました。
  2. 具体的な行動計画
    2002年 行政経営戦略プラン策定
    行政経営システムの理念や考え方を、戦略方針と具体的な行動計画にして明らかにしました
    取組期間:2002年度~2004年度
  3. 継承
    2005年 第2次行政経営戦略プラン策定
    行政経営戦略プランの考え方を継続して、新たな行動計画を明らかにしました。
  4. 取組を反映
    まちづくり基本条例制定
    「自立した地域社会の実現」を理念に、行政経営システムや行政経営戦略プランで実践してきた行政運営の手続きや、市民参加を推進するための取組みを条例化しました。
  5. 反映・新たな取組
    2010年 まちづくり基本条例戦略プラン策定
    豊田市まちづくり基本条例の基本理念を実現するための具体的な行動計画として策定しました。

2 地域経営の導入

  • 2012年 地域経営システム導入
    地域経営を推進するため、共働の推進と市役所(行政)の改革の2つの視点により市役所(行政)の仕事の進め方をルール化しました。
  • 2013年 地域経営戦略プラン策定
    地域経営システムの理念や考え方を、戦略方針と具体的な行動計画にして明らかにしました。
    取組期間:2013年度~2015年度
  • 2016年 第2次地域経営戦略プラン策定
    「第2次地域経営戦略プラン」では、前プランの取組を継承し、新たな34の戦略方針と176の行動計画を掲げ「自立した地域社会の実現」に向けた地域経営の取組をより一層展開しています。
    取組期間:2016年度~2018年度

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

総務部 行政改革推進課
業務内容:地域経営システム、行政改革、組織管理などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所南庁舎3階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6652 ファクス番号:0565-34-6815
お問合せは専用フォームをご利用ください。