9 「平成31(2019)年度 豊田市食品衛生監視指導計画」食品等事業者による自主的な衛生管理の推進

ページ番号1030646  更新日 2019年3月27日 印刷

次の事項を重点に、食品等事業者による自主的な衛生管理の向上を推進します。

1 食品衛生責任者及び食品衛生管理者の責務の徹底

市条例に規定する食品衛生責任者(以下、「食品衛生責任者」といいます。)又は食品衛生法に規定する食品衛生管理者(以下、「食品衛生管理者」といいます。)については、確実にその職責を果たすよう、監視指導又は講習会において徹底するとともに、営業者に対しては、食品衛生責任者又は食品衛生管理者の意見を尊重するよう、意識の向上を図ります。

2 食品等事業者による自主的な衛生管理の推進

食品等事業者の責務である自主検査、原材料の安全性確認等の実施並びに記録の作成及び保存の推進を図ります。
また、食品等事業者を対象とした講習会を開催するとともに、ホームページ等を活用した情報提供を行います。

3 製造者、加工者等に対するHACCP(注釈1)導入の推進

画像:HACCP認定マーク

食品の製造者及び加工者に対し、優れた自主衛生管理の手法であるHACCP(危害分析及び重要管理点)の導入について、講習会等を通じて普及啓発を図ります。
また、豊田市HACCP導入認定制度(注釈2)及び豊田市食品自主衛生管理優秀施設認定制度(注釈3)を活用し、認定施設を衛生管理が優良な施設としてホームページに公表するなど、食品等事業者の衛生管理の向上を図る取組みを実施します。

語句説明

(注釈1) HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)
原料の受入れから製品の出荷まで食品製造中の各段階で発生する可能性がある危害(微生物汚染、異物混入など)をあらかじめ明らかにし(危害分析=HA)、その中で特に厳重に管理しなければならない工程(重要管理点=CCP)を特定し、その箇所を連続的にモニタリングするなど重点的に管理することにより、製造工程全般を通じて危害の発生を予防し、食品の安全確保を図る衛生管理手法です。

(注釈2) 豊田市HACCP認定制度
HACCPの概念に基づいた一定水準以上の衛生管理が認められる施設を市長が認定する、豊田市独自の制度のことです。

(注釈3) 豊田市食品自主衛生管理優秀施設認定制度
食品のリスク管理を主体とした自主管理が一定水準以上あると認められる施設を「食品自主衛生管理優秀施設」として保健所長が認定する、豊田市独自の制度のことです。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 保健衛生課
業務内容:食品衛生、動物愛護などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6181 ファクス番号:0565-31-6630
お問合せは専用フォームをご利用ください。