4 「平成31(2019)年度 豊田市食品衛生監視指導計画」施設の監視指導回数

ページ番号1030641  更新日 2019年3月27日 印刷

監視指導については、次のように豊田市独自の監視指導回数を定め、効率的かつ効果的に実施します。

過去の食中毒の発生頻度、製造・調理・流通・販売される食品の流通の広域性、規模、取扱食品の特殊性などを考慮して、食品等事業者の業種ごとに監視の重要度の高い順にA、B、C、Dそれぞれのレベルに分類し、標準監視指導回数(別表2 をご参照ください。)を定め、重要度の高い施設に重点を置いて監視指導を実施します。
なお、これはあくまでも標準回数として設定するものであって、食中毒等の食品事故が発生した場合等にあっては、特に回数を制限することなく、状況に応じ、臨機応変に対応するものとします。
また、逆に一定水準以上の衛生管理が認められる施設については、監視指導回数を軽減する場合もあります。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

保健部 保健衛生課
業務内容:食品衛生、動物愛護などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所東庁舎4階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6181 ファクス番号:0565-31-6630
お問合せは専用フォームをご利用ください。