訪日外国人観光客への対応のためクラウド通訳端末を試験的に導入しています

ページ番号1024090  報道発表日 2018年4月9日 印刷

近年、訪日外国人観光客は伸び続けており、豊田市においても観光客に占める外国人観光客の割合は増加しています。また、今後はラグビーワールドカップ2019TMや2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会といった国際イベントの開催も控えており、更なる訪日外国人観光客の増加が期待されます。
本市では、これら訪日外国人観光客へのおもてなし環境の整備を図るため、スマートフォン型のクラウド通訳端末1台を試験的に導入しています。

導入期間

平成30年4月7日(土曜日)から4月15日(日曜日)頃まで

導入場所

豊田市上中町の「しだれ桃の散歩道」一帯
※しだれ桃の鑑賞に訪れる訪日外国人観光客への案内用として旭観光協会の職員がクラウド通訳端末を使用します。

クラウド通訳端末について

  • スマートフォンの画面を通じて、通訳サービス事業者が提携する通訳者とインターネット通話ができる仕組みです。
  • スマートフォン型端末のアプリを起動すると通話がはじまります。
  • 対象言語は、英語・中国語・韓国語・タイ語の4か国語です。
写真 クラウド通訳端末イメージ
クラウド通訳端末イメージ写真
※通訳サービス事業者(株式会社ケイ・オプティコム)提供

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 商業観光課
業務内容:商業の振興、おいでんまつり、観光事業・行事、消費者行政などに関すること
〒471-8501
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎7階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6642 ファクス番号:0565-35-4317
お問合せは専用フォームをご利用ください。