寺部に残る江戸時代の長屋門 春の特別公開

ページ番号1024026  報道発表日 2018年4月2日 印刷

豊田市は、遊佐家子孫の遊佐幸子氏と共催で、旧松本家長屋門及び遊佐家長屋門(共に市指定文化財)を特別公開します。長屋門のある豊田市寺部町一帯は、徳川家康の家臣・渡辺半蔵守綱を初代とする渡辺家の城下町で、両長屋門の他に、寺部城跡、渡辺家の菩提寺である守綱寺や隨應院などが残っています。また、寺部は戦国時代において、徳川家康初陣の地とされています。
なお、公開に合わせて両長屋門では、和紙工芸作品の展示を行います。また、遊佐家長屋門では一閑張り(いっかんばり)の体験教室を行います。

日時

平成30年4月7日(土曜日)・8日(日曜日)午前10時~午後4時

会場

遊佐家長屋門(寺部町)、旧松本家長屋門(寺部町)

内容

遊佐家長屋門

和紙工芸作品及び一閑張り作品の展示
一閑張り体験(各日午後1時~3時 各日先着10人参加費800円)

旧松本家長屋門

和紙工芸作品の展示

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

教育委員会教育行政部 文化財課
業務内容:文化財の調査・保護、郷土資料館、民芸館の運営に関すること
〒471-0079 
愛知県豊田市陣中町1-21-2(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-32-6561 ファクス番号:0565-34-0095
お問合せは専用フォームをご利用ください。