開放特許活用による製品開発支援事業成果発表会を開催します

ページ番号1022935  報道発表日 2018年2月13日 印刷

豊田市では、市内製造業者の新たな製品開発を支援するため、今年度新たに「開放特許(注釈)活用による製品開発支援事業」を開始しました。市内製造業者から開発や技術に関するニーズの聞き取りを行い、外部の専門家による知財コーディネート(ライセンスの仲介等含む)を通じて、新製品・新事業開発の支援に取り組んでいます。
このたび、当該事業により新製品を開発した取組の成果発表会を下記のとおり開催します。また、当日は新製品の開発を進めている5つの取組についても、経過報告を行います。
(注釈)特許を取得した者以外に、特許の活用の権利を認めることで、中小企業が自社で不足するアイディア・技術を速やかに入手し、時間や資金の負担を軽減して新製品・技術を開発することができる。

日時

平成30年2月15日(木曜日) 午後2時~3時30分

会場

ものづくり創造拠点 SENTAN 3階 セミナールーム
(豊田市挙母町2丁目1番地1)

内容

(1)成果発表・調印式

「壁紙を使った袋の生産方式」(特許第5819635号)を活用した通帳入れ
特許活用者:佐野工業株式会社(市内製造業者)
特許所有者:株式会社スクラッチバック(名古屋市東区東大曽根町29-11 共栄ビル東棟602)
販売業者 :株式会社クラッソーネ(名古屋市中村区名駅5-7-30 ORE名駅東ビル4階)
概要:特許活用者が自動車産業で培った縫製技術に特許技術を組み合わせることで新たな製品を生み出し、さらに販売業者との契約により事業化が実現。新製品の説明のほか、特許所有者及び販売業者との調印式も同時に行います。

(2)マッチング事例紹介

現在事業化に向けて取り組んでいる5つのマッチング事例を紹介

PDF形式のファイルをご利用するためには,「Adobe(R) Reader」が必要です。お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロード(無償)してください。Adobeのサイトへ新しいウィンドウでリンクします。

ご意見をお聞かせください

質問:このページの内容はわかりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するお問合せ

産業部 ものづくり産業振興課
業務内容:産業の振興、企業誘致、中小企業支援(人材育成・新事業展開等)、就労支援対策、勤労者福祉対策などに関すること
〒471-8501 
愛知県豊田市西町3-60 愛知県豊田市役所西庁舎7階(とよたiマップの地図を表示 外部リンク)新しいウィンドウで開きます
電話番号:0565-34-6641・0565-34-6774
ファクス番号:0565-35-4317
お問合せは専用フォームをご利用ください。